クイーン・メリー (巡洋戦艦)

クイーン・メリー (HMS Queen Mary) はイギリス海軍ライオン級巡洋戦艦の三番艦。1910年計画で建造された艦で、姉妹艦2隻とは副砲の配置などが異なっており、排水量も若干増加している。

艦歴
発注 1910年
起工 1911年3月6日
進水 1912年3月20日
就役 1913年9月
その後 1916年5月31日戦没
性能諸元
排水量 26,770トン
全長 213.4m
全幅 27.0m
吃水 8.4m
機関 パーソンズ式直結タービン4軸
ヤーロー式石炭重油混焼缶42基
出力75,000馬力
最大速 27.5ノット
航続距離 5,610カイリ(10ノット時)
乗員 997-1,275名
兵装 45口径34.3cm連装砲4基
50口径10.2cm単装砲16基
47mm単装砲4基
55.3cm水中魚雷発射管4門
ユトランド沖海戦で爆沈するクイーン・メリー

艦歴

1913年に就役。第一次世界大戦の勃発でグランド・フリート所属となり1914年8月28日ヘルゴラント・バイト海戦に参加した。1915年1月24日のドッガー・バンク海戦の時は改修中であったため参加していない。なお、同年12月には方位盤照準装置が装着されたほか、前部マストやマストヘッド、拡張部や艦橋周辺が支柱により強化されるなどの工事が行われた。

1916年5月31日、ユトランド沖海戦に参加、ドイツの巡洋戦艦ザイドリッツデアフリンガーと交戦し、150発以上の砲弾を放ち、ザイドリッツに対して命中弾4発を与えている。その後クイーン・メリーはデアフリンガーからの命中弾2発によって火薬庫が誘爆した結果、艦首から前部マストまでが根こそぎ吹き飛び、戦闘開始からわずか38分で文字通り爆沈した。乗組員のうち、1,266人が戦死、救助されたのは20人であった。乗艦していた日本の観戦武官下村忠助中佐も戦死している。

戦艦・巡洋戦艦の主砲の射程距離はこの時期大幅に増大し、そのため放物線を描いて飛来する砲弾は、舷側ではなく甲板に命中する確率が高くなっていたが、各国海軍はその事を認識しておらず、甲板はほとんど無装甲で防御を考慮していなかった。クイーン・メリーの爆沈は、その問題を各国に認識させることになった。

また、英国の最新鋭巡洋戦艦であった本艦のあっけない最期は、“速度こそ最大の防御”とする英国型巡洋戦艦の建艦思想の誤りを証明した。これに対し、防御を重視したドイツ巡洋戦艦は英国巡洋戦艦に比べれば遥かに堅牢であり、本艦を撃沈したデアフリンガーは21発の砲弾を受けながらも沈没を免れている。

クイーン・メリーの最期は、日本の金剛型戦艦をはじめとする各国の戦艦・巡洋戦艦のその後のあり方に大きく影響を与えた。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.