キルシェンバウム

キルシェンバウム(Kirshenbaum)またはASCII IPA(アスキーアイピーエー)は、国際音声記号(IPA)を元に作られた ASCII 文字のみで表現された音声記号である。国際音声記号には特殊な文字が多く、そのままではコンピュータ上で扱うことが困難なので、ASCIIの7ビット文字のみで国際音声記号を表現する手段として考案された。類似の音声記号体形にSAMPA及びそれを改訂したX-SAMPAがあり、これらの方がキルシェンバウムよりも広く用いられる傾向にある

キルシェンバウムの名は、この方式の作成を主導したエヴァン・キルシェンバウムの名に基づく。元来、Usenet、特に sci.lang と alt.usage.english の両ニュースグループにおいて音声記号を表現する必要に迫られたことから作られた。

特徴

キルシェンバウムでは、まず音を弁別素性に分析し、各素性に3文字の略称を与える。たとえば「rnd」で円唇性を、「blb」で両唇音を表す。ひとつの音を素性の束として表すには、複数の素性をコンマで区切って波括弧 {……} で囲む。

よく使う音は、IPAと同様に字母的な記号を与える。たとえば、「b」は有声両唇破裂音であるから、「{blb,vcd,stp}」と書いたのと同じことになる。

字母的記号のうしろに弁別素性を不等号 <……> で囲んで置くことができる。これによって記号の数を減らすことが可能になっている。たとえば有声咽頭摩擦音[ʕ]は、無声咽頭摩擦音[ħ]を表す記号「H」と有声を表す素性「vcd」を使って「H<vcd>」と表される。

アルファベットの小文字は基本的にIPAと同じ音を表す。ただし、英語の音声の記述が簡単になることを重視している関係上、「r」はIPAの[ɹ]歯茎接近音)を表し、[r]歯茎ふるえ音)は「r<trl>」と書く。仕様書によれば、英語以外を主に使うニュースグループでは対応関係を変えてもよいとしている。ASCIIにない字は大文字やアルファベット以外の文字を使って表現する。

弁別素性以外にも、IPAでは使わないいくつかの記号を文字に後置することができる。

一覧

仕様書の附属書D、Eに従う。

子音

同一欄に2文字を含む場合、左が無声(vls)、右が有声(vcd)を表す。

両唇音
(blb)
唇歯音
(lbd)
歯音
(dnt)
歯茎音
(alv)
後部歯茎音
(pla)
そり舌音
(rfx)
硬口蓋音
(pal)
軟口蓋音
(vel)
口蓋垂音
(uvl)
咽頭音
(phr)
声門音
(glt)
破裂音(stp) p bt[ d[t dt. d.c Jk gq G?
鼻音(nas) mMn[nn.n^Nn"
ふるえ音(trl) b<trl>r<trl>r"
はじき音(flp) **.
摩擦音(frc) P Bf vT Ds zS Zs. z.C C<vcd>x QX g"[1]H H<vcd>h[2] h<?>
側面摩擦音
(lat frc)
s<lat> z<lat>
接近音(apr) r<lbd>r[rr.j[3]j<vel>
側面音(lat apr) l[ll.l^L

母音

同一欄に2文字を含む場合、左が非円唇(unr)、右が円唇(rnd)を表す。

前舌母音
(fnt)
中舌母音
(cnt)
後舌母音
(bck)
狭母音(hgh) i yi" u"u- u
やや狭(smh) I I.U
半狭母音(umd) e Y@<umd>o- o
中央母音(mid) @ @.[4]
半広母音(lmd) E WV" O"V O
広母音(low) &[5] &.[6] a[7] a.[6] A A.
  • [ɐ]にあたる文字が定義されていない。
  • RはR音性母音[ɚ]を表す。

その他の記号

算用数字は声調を表すために使う。各言語で伝統的に決まっている数字を使用する(たとえば北京語では1から4までの数字を使う)。

弁別素性を表す記号は不等号で囲むが、字母的記号と紛れる心配のないものは不等号を省略できる。以下の表では省略した形で載せる。

記号素性略号意味備考
'第一強勢
,第二強勢
#音節または単語の境界
:lng半長・極短の記号は定義されていない
<o>vls無声音有声音に後続したとき
<h>asp帯気音
-syl音節主音子音に後続したとき
<r>rzdR音化
<?>mrm息もれ声
<w>lzd唇音化
;pzd口蓋化
~vzd軟口蓋化子音に後続したとき
<H>fzd咽頭化
[dnt歯音
~nzd鼻音化母音に後続したとき
<o>unx開放なし無声音に後続したとき

キルシェンバウムには1989年に国際音声記号に加えられた多数の変更が反映されていない。息もれ声の素性はあるが、きしみ声の素性がないなど。

脚注

  1. 仕様書によると有声口蓋垂摩擦音[ʁ]と接近音の両方を表すとする
  2. 仕様書では接近音になっているが、何かの誤りだろう
  3. 附属書Bによると接近音と摩擦音を兼用するとあるが、附属書Dの表では摩擦音にはC<vcd>を使っている
  4. [ɵ]にあたる。IPAでは半狭母音としており、説明が異なる
  5. [æ]に相当。IPAと説明が異なる
  6. [ɶ]に相当する音として &. と a. のどちらを使えばよいのか明らかでない
  7. [a]に相当。IPAでは前舌広母音としており、説明が異なる

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.