キャメルマート

キャメルマートは、岩手県に本社を置いていた日本のボランタリー・チェーンコンビニエンスストアである。現在は運営会社は存在しない。

株式会社キャメルマートジャパン[1]
種類 株式会社[1]
市場情報 非上場
略称 キャメル
本社所在地 日本
028-3621
岩手県紫波郡矢巾町広宮沢1-265[1]
設立 1983年昭和58年)4月1日[1]
業種 小売業
法人番号 6400001003765
事業内容 コンビニエンスストアのチェーン本部
代表者 山川清(代表取締役社長
資本金 7150万円[1]
売上高 50億円
従業員数 28名
特記事項:当時の 会社概要 より

概要

最盛期は岩手県を中心に、秋田県山形県青森県に50店舗以上展開していた。

キャメルマートの運営母体である盛岡酒類商業協同組合は、1948年に約450人が合計1230万円出資して協同組合を設立[2]、その後1973年12月、協同組合に加盟する店舗の活性化のため、岩手県に1号店がオープンした[3]

1998年8月、創業メンバーである当時の大坊忠社長が夢にしていた新社屋である本部センターが完成した[4]

しかしながら2000年6月30日、運営母体である盛岡酒類商業協同組合が倒産。同年初旬から返済が出来なくなり、負債総額が約10億円にまで拡大していた[2]。そして2004年11月30日ファミリーマートに9店を譲渡した[5]。ファミリーマートは2004年7月に盛岡市に初オープンしており、物流センターを設け多店舗展開を図ろうとしている最中であった[6]。加盟店の中にはファミリーマートではなく、全日食チェーンに加盟した店舗もある[7]

結局、20世紀末に加盟店200店、合計売上高300億円、本部利益1億円というSAP20計画は失敗に終わってしまった[3]

現在では、秋田県にある「キャメルマート 秋田八幡平」が不動産会社の運営で唯一営業を続けている。

サービス

キャメルマートはサービス4原則(Friendly・Cleanliness・Fresh・Quality)を掲げ、積極的に新たなサービスに挑戦していた[8]

キャメルカード

1991年6月、直営店でキャメルカードというポイントカードを試験導入し、1992年4月には新しく更新したキャメルカードを導入した[9]

買った金額がそのままポイントになり、5000ポイント貯めるたびに50円の割引券がつき、さらに7冊貯めると500円の割引券がもらえた。ポイントを貯めるだけの機能だけではなく、ホテルニッポンレンタカーの割引や、利用者の中から抽選で現金が当たる宝くじまであった[10]

キャメル便

2000年5月、キャメル便という宅配サービスを開始[9]カタログから商品を選び(店内の扱っている商品でも出来る場合あり)電話で注文。3000円以上で無料で、3000円未満は利用料として200円掛かった[11]

しかしながら、導入したもののあまり定着しなかった[12]

その他

主なサービスとして電話料金受入代行サービス、バイク自賠責保険取次ぎ、各種切符販売、インストア米飯惣菜ベーカリー販売など多様に行っていた[9]

歴史

  • 1973年12月 - 岩手県に1号店がオープン。
  • 1983年4月 - 株式会社キャメルマートジャパンを設立。
  • 1990年12月 - 秋田県にオープンし、出店開始。
  • 1991年3月 - 山形県にオープンし、出店開始。
  • 1992年7月 - 青森県に出店開始。
  • 1994年7月 - 50店舗突破[9]
  • 1995年6月 - 韓国眞露ベストア社とのコンビニエンスストア運営ノウハウ提供契約締結。
  • 1995年12月 - 60店舗突破。
  • 1996年7月 - 70店舗突破。
  • 1998年8月 - 新社屋である本部センターが完成。
  • 2004年11月 - 加盟店29店のうち9店をファミリーマートに譲渡。
  • 2017年11月 - 個人経営にて営業を続けていた「キャメルマート いへい」が閉店。これにより、岩手県からキャメルマートが完全に消滅。残すは、秋田県の1店舗のみとなった。

店舗数

1985年3月10店
1993年7月45店
1994年7月50店
1996年6月68店
1997年6月75店
2001年65店
2002年57店
2003年59店
2003年12月45店
2004年9月57店
2017年9月2店
2020年9月1店

マスコットキャラクター

キャラメルマートにはマスコットキャラクターがおり、らくだの「らっくん」を始め、宴会星人・ ハラペコ星人・トコ夏星人・春咲星人がいた[13]

脚注

  1. 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 480
  2. 盛岡酒類商業協同組合が自己破産を申請 2000年7月10日 日本食糧新聞
  3. 盛岡酒類商業協組を母体のVCキャメルマート、SAP20計画を推進 酒前面に拡大 1993年7月26日 日本食糧新聞
  4. キャメルマートジャパン特集:大坊社長に聞く軌跡と今後抱負 1998年10月12日 日本食糧新聞
  5. 営業財産の一部譲受けに関するお知らせ 2004年8月11日 ファミリーマート
  6. 〈経済〉キャメルマートがファミリーマートへ営業譲渡 2004年8月26日 盛岡タイムス
  7. 全日食チェーン店舗検索 参照
  8. キャメルマート サービス4原則
  9. キャメルマート会社概要
  10. キャラメルマート キャメルカード
  11. キャメルマート キャメル便
  12. J-Net21 IT活用事例集 株式会社大坊酒店
  13. キャメルマート らっくんの楽しい仲間たち

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.