カール・シュピッツヴェーク

カール・シュピッツヴェーク(Carl Spitzweg, 1808年2月5日 - 1885年9月23日)は、ビーダーマイヤー時代を代表するドイツ画家

カール・シュピッツヴェーク
生誕 (1808-02-05) 1808年2月5日
フュルステンフェルトブルック郡 ウンタープファッフェンホーフェン
死没1885年9月23日(1885-09-23)(77歳)
ミュンヘン

略歴

ドイツ南部バイエルンオーバーバイエルンゲルメリングにかつてあったウンタープファッフェンホーフェンで生まれる[1]。父親は商人であった。ミュンヘン大学に通い、薬学、植物学、化学などを学ぶ。1832年に卒業したあと、薬局で薬剤師として働く。やがて病気のため温泉で療養中に画家への道を決心した。独学しながら、欧州諸国を漫遊した。バイエルンの都市ローテンブルクの屋根裏部屋に住まう。『本の虫』や『貧乏詩人』などの作品で高い評価を受けた。ミュンヘンで死去。

作品

脚注

参考文献

  • 若尾祐司井上茂子 『ドイツ文化史入門 16世紀から現代まで』 昭和堂、2011年。ISBN 978-4-8122-1139-7。

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、カール・シュピッツヴェークに関するカテゴリがあります。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.