カワガラス

カワガラス(河烏[4][5]、川鴉、学名Cinclus pallasii Temminck, 1820)は、スズメ目カワガラス科カワガラス属分類される鳥類の一[2][6]

カワガラス
カワガラス Cinclus pallasii pallasii
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目Passeriformes
: カワガラス科 Cinclidae
: カワガラス属 Cinclus
: カワガラス C. pallasii
学名
Cinclus pallasii
Temminck, 1820[2]
和名
カワガラス
英名
Brown Dipper[3]
亜種
分布域

南北アメリカ大陸(新北区新熱帯区)に分布するメキシコカワガラスの近縁種。

分布

ヒマラヤ北部からインドシナ半島北部、中国台湾サハリン日本カムチャツカ半島に分布する[7]。生息地では、基本的には留鳥である。

日本では、北海道本州四国九州屋久島にかけて広く分布する[4]。留鳥として、河川の上流から中流域にかけてと山地渓流に生息する[7][4]

形態

全長は21-23 cm翼開長は約32 cm[4][8]、体重65-90 gヒヨドリツグミより少し小さい。全身が濃い茶色(チョコレート色[5]、光の具合により赤茶色に見えることもある[8]。)の羽毛におおわれているのが名前の由来だが、カラスの仲間ではない[注釈 1]。尾羽は短めで黒味の強い焦茶色[8]。目は茶色で、目を閉じると白いまぶたが目立つ[8]。雌雄同色[7][5]くちばしは黒く[5]、足は灰色でがっちりしている。ミソサザイを大きくしたような体形で、短めの尾羽を立てた独特の姿勢をとる[4]。幼鳥は喉から腹にかけて白くて細かいうろこ模様がある。

生態

平地から亜高山帯の川の上流から中流の岩石の多い沢に生息する。冬期(積雪期)には下流側に生息場所を移動することもある。一年中、単独(非繁殖期は単独で行動している[9])もしくは番いで行動し群れを形成することはない。つがい形成期には、一夫二妻行動をとることがある[10]。ピッピッと鳴きながら、速い羽ばたきで川面の上を一直線に飛翔する[7][4][5]。頑丈な脚で岩をつかみ、水流の圧力を利用して川底を歩きながら水中で捕食を行う[5]。尾羽を上下に動かしたり、風切羽を半開きにしたり、まばたきし白いまぶたを見せながら、石や流木の上で休息する[7]

食性

食性動物食。水に潜ってカゲロウカワゲラなどの幼虫などの水生昆虫カニなどの甲殻類小魚を捕食する[7][4][5]。水面上を泳ぎながら首を水中に入れて覗き込み、頻繁に潜水する[11]。水中では水底を這うように歩き回って川底の餌を探し、『渓流の素潜り名人』と称されることがある[4]。水にもぐっているときは羽毛の間に空気がふくまれるため、全身が銀色にみえる。

生活史

親から雛へ給餌する様子

ほかの鳥にくらべて繁殖を始めるのが早く[7]、12月頃からオスがさえずり縄張り宣言を行う。暖地では1月頃から繁殖を始める[4][5]の裏の岩の隙間にコケや植物の根で半球状のドーム形のをつくる[4][5]。岩の陰やコンクリート護岸の排水口、橋桁[12]などの人工物にも巣を作ることもある[5]。造巣の際の雌雄の貢献度はほぼ等しく分業は行われない[13]。日本では2-6月に1腹4-5個の卵を産む。抱卵日数は15-16日で、雌が抱卵する育雛は雌雄共同で行う[11]。雛は21-23日で巣立つ。雛は飛べない内から、水中を泳いだり歩くことができる。

鳴き声

オスは12月頃の繁殖期から「ピピピ チュシュ ピッピッ ピュュ」と鳴き始める[7]セグロセキレイ似た濁った声で「チーチージュピチリリ」と複雑に鳴く[4]地鳴きは「ピッ ピッ」[4]

亜種

本種は以下の亜種に分類されている[2]。日本には亜種カワガラス(学名:Cinclus pallasii pallasii Temminck, 1820)が分布する[2][6]

種の保全状況評価

国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]。個体数は安定傾向にある[1]

日本では以下の都道府県でレッドリストの指定を受けている[15]。河川開発が個体数の減少の原因であると見られている[16][17]

人間との関係

若山牧水により『川鴉(かわがらす) なきすぎゆきぬ たぎつ瀬の たちき輝き流る上を』と詠まれている。

アイヌ神謡集』の「コンクワ 梟の神が自ら歌った謡」ではカワガラスが重要な役割を担っている。梟は村の守り神で、すでに年老い衰えていることを嘆き、それでも最後に『よい使者がいれば天国へ談判を持たせたい』と言う。神々が人間に獲物を下賜してくれないことへの苦情を述べさせたいというものだ。それに応えたのが最初はカラス、次は山のカケスだが、いずれも談判の内容を聞き取る前に居眠りして、怒った梟に打ち殺される。最後に慎み深い態度で現れたのがカワガラスで、梟の談判をすべて聞き留めると神々の元へ向かい、談判の返事を持ってくる。人間が獲物への敬意を示すのが大事だという返事を聞き、梟は後のことをカワガラスにあずけ、この世を去る。その去り際の言葉がこの謡だ、というものである。

脚注

注釈

  1. カワガラスはカラス科には属さず、カワガラス科に属する。
  2. 奈良県のカテゴリー「希少種」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。

出典

  1. Cinclus pallasii (Brown Dipper) in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2 (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2014年2月13日閲覧。
  2. IOC World Bird List 4.1 (Dippers, Sunbirds, Old World Sparrows) (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2014年2月13日閲覧。
  3. Cinclus pallasii Temminck, 1820 (英語). ITIS. 2014年2月13日閲覧。
  4. 中川 (2010)、174頁
  5. 真木 (2012)、186頁
  6. 日本鳥類目録 改訂第7版”. 日本鳥学会 (2012年9月15日). 2014年2月13日閲覧。
  7. 叶内 (2006)、460頁
  8. 高木 (2002)、153頁
  9. 橋口 (1981)、169頁
  10. 澤 (2012)、7-13頁
  11. 梓川鳥類生態研究会 (1993)、137頁
  12. 野口 (2012)、19-20頁
  13. 江口 (1990)、141-148頁
  14. シャルル・リュシアン・ボナパルト or en:José Bonaparte
  15. 日本のレッドデータ検索システム「カワガラス」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年2月13日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  16. 岡山県版レッドデータブック2009 (PDF)”. 岡山県. pp. 85 (2009年). 2014年2月13日閲覧。
  17. レッドデータブックやまぐち・カワガラス”. 山口県 (2002年). 2014年2月13日閲覧。
  18. レッドデータブックあいち2009・カワガラス (PDF)”. 愛知県. pp. 137 (2009年). 2014年2月13日閲覧。

参考文献

  • 梓川鳥類生態研究会『日本アルプスの鳥』信濃毎日新聞、1993年6月。ISBN 4784093087。
  • 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』 文一総合出版2004年
  • 江口和洋「カワガラスの営巣場所選択 (PDF) 『日本鳥学会誌』第38巻第3号、日本鳥学会、1990年3月、 NAID 40004628026
  • 叶内拓哉、安部直哉『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。ISBN 4635070077。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社1986年、154頁。
  • 澤祐介「カワガラスCinclus pallasiiのつがい形成期にみられた一夫二妻行動の観察 (PDF) 『日本鳥類標識協会誌』第24巻第1号、日本鳥類標識協会、2012年、 NAID 40019786337
  • 高木清和『フィールドのための野鳥図鑑-水辺の鳥』山と溪谷社、2002年2月1日。ISBN 4635063321。
  • 高野伸二編 『山溪カラー名鑑 日本の野鳥』 山と溪谷社、1985年
  • 野口和恵「香川県香東川の橋梁におけるカワガラスCinclus pallasiiの営巣 (PDF) 『香川生物』第36巻、香川生物学会、2009年、 NAID 120004117450
  • 橋口大介、山岸哲「冬季におけるカワガラスCinclus pallasiiの分散様式となわばり的行動 (PDF) 『日本生態学会誌』第31巻第2号、日本生態学会、1981年6月30日、 NAID 110001881613
  • 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月。ISBN 978-4415305325。
  • 真木広造『名前がわかる野鳥大図鑑』永岡書店、2012年4月10日。ISBN 978-4522430866。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.