カリフォルニア湾の島々と自然保護区群

カリフォルニア湾の島々と自然保護区群(カリフォルニアわんのしまじまとしぜんほごくぐん)は、国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の世界遺産リスト登録物件で、その名が示すように、メキシコカリフォルニア湾の島々や海域に設定された保護区群を対象とする自然遺産である。美しい自然環境の中で、独特の生態系が育まれていることなどが評価された。登録されている面積の7割以上が海域である[1]

カリフォルニア湾の島々と自然保護区群
メキシコ
サン・ルカス岬
英名 Islands and Protected Areas of the Gulf of California
仏名 Îles et aires protégées du Golfe de Californie
面積 688,558 ha
(緩衝地帯 1,210,477 ha)
登録区分 自然遺産
IUCN分類 IIおよびVI
登録基準 (7), (9), (10)
登録年 2005年
危機遺産 2019年 -
備考 2007年と2011年に軽微な変更
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
使用方法・表示

登録経緯

この物件が推薦されたのは2004年のことである[2]世界遺産委員会自然遺産部門の諮問機関である国際自然保護連合 (IUCN) は、2005年に「登録」を勧告し[3]、その年の第29回世界遺産委員会で正式登録が決議され、メキシコの25件目の世界遺産(自然遺産としては3件目)となった。

その後、第31回世界遺産委員会(2007年)と第35回世界遺産委員会(2011年)には「軽微な変更」(monor modification) が行われ、世界遺産の登録範囲は順次拡大した。

登録名

世界遺産としての正式登録名は、英語: Islands and Protected Areas of the Gulf of California および フランス語: Îles et aires protégées du Golfe de Californieである。その日本語訳は資料によって以下のような違いがある。

  • カリフォルニア湾の島々と自然保護区群 - 世界遺産アカデミー[4]
  • カリフォルニア湾の島々と自然保護区 – 世界遺産なるほど地図帳[5]
  • カリフォルニア湾の島々と保護地域群 - 日本ユネスコ協会連盟[6]
  • カリフォルニア湾の島々と保護地域 – 日高健一郎[7]ほか[8]
  • カリフォルニア湾の島々と保護区域群 - 谷治正孝[9]
  • カリフォルニア湾の諸島と保護地域 - 古田陽久古田真美[10]

構成資産

この世界遺産を構成するのは、以下の12件である[11]

ID名称所在地面積(単位 : ha
(下段は緩衝地帯)
IUCN
カテゴリー
登録年
1182-001カリフォルニア湾の島々バハ・カリフォルニア州バハ・カリフォルニア・スル州ソノラ州シナロア州358,000VI2005年
Islands of the Gulf of California ――
1182-002カリフォルニア湾奥 - コロラド川三角州(海域)バハ・カリフォルニア州ソノラ州86,638VI
Upper Gulf of California - Colorado River Delta (marine portion) 454,591
1182-003サン・ペドロ・マルティル島ソノラ州1,111VI
Isla San Pedro Martir 29,054
1182-004エル・ビスカイノ(カリフォルニア湾の海洋・沿岸地帯)[注釈 1]バハ・カリフォルニア・スル州49,451[注釈 2]VI
El Vizcaíno (marine and coastal belt in the Gulf of California) ―― [注釈 2]
1182-005ロレト湾バハ・カリフォルニア・スル州206,581II
Bahía de Loreto ――
1182-006プルモ岬バハ・カリフォルニア・スル州7,111II
Cabo Pulmo ――
1182-007サン・ルカス岬バハ・カリフォルニア・スル州3,996VI
Cabo San Lucas ――
1182-008マリアス諸島ナヤリット州14,854VI
Islas Marias 626,440
1182-009イサベル島ナヤリット州194II
Isla Isabel ――
1182-010bisサン・ロレンソ群島バハ・カリフォルニア州8,806II2007年
Archipelago of San Lorenzo 49,637
1182-011bisマリエタス諸島ナヤリット州79II
Islas Marietas 1,304
1182-012terバランドラ生態系保全・入会地バハ・カリフォルニア・スル州1,1972011年
Balandra Zone of Ecological Conservation and Community Interest ――

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
    • この基準の適用理由は、「この連続性のある資産は、表面上は荒涼とした起伏のある島々、海岸砂漠、そしてそれらを囲む紺碧の水域からの輝ける反射の、劇的なコントラストのある瞠目すべき景観美に属している」[12]等とされている。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
    • 独特の生態系の形成にとって重要なのは、この範囲に含まれる244の島々に大陸島海洋島が併存している点である。そのことによって形成される生態系は、海洋学的にも重要なものと見なされている[4]
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

危機遺産

コガシラネズミイルカ

この資産は、カリフォルニア湾の固有種であるコガシラネズミイルカ絶滅の恐れを理由として、第43回世界遺産委員会で危機遺産リストに記載された[14]

脚注

注釈

  1. エル・ビスカイノ生物圏保護区は、保護区内の2つの潟湖が「エル・ビスカイノのクジラ保護区」という別の世界遺産になっている。
  2. 世界遺産センターでは資産面積が空欄で、緩衝地帯が49,451(2019年7月14日閲覧)。UNEP-WCMC 2011では、資産範囲が49,451で緩衝地帯がなし。

出典

  1. UNEP-WCMC 2011, p. 5
  2. IUCN 2005, p. 55
  3. IUCN 2005, p. 62
  4. 世界遺産検定事務局 2016, p. 411
  5. 『新訂版 世界遺産なるほど地図帳』講談社、2012年、p.140
  6. 日本ユネスコ協会連盟 2006, p. 29
  7. 日高 2014, p. 733
  8. 正井泰夫監修『今がわかる時代がわかる世界地図・2006年版』成美堂出版、2006年、p.147
  9. 谷治正孝監修『なるほど知図帳・世界2013』昭文社、2013年、p.160
  10. 古田 & 古田 2013, p. 174
  11. 世界遺産ID、英語名、面積はIslands and Protected Areas of the Gulf of California - Multiple Locations世界遺産センター、2019年7月14日閲覧)に、IUCNカテゴリーと所在地はUNEP-WCMC 2011(バランドラの所在地のみIUCN 2011)による。
  12. World Heritage Centre 2013, p. 49から一部を翻訳の上、引用。
  13. World Heritage Centre 2013, p. 49
  14. The Islands and Protected Areas of the Gulf of California (Mexico) inscribed on the List of World Heritage in Danger世界遺産センター、2019年7月14日)

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.