カラ海

カラ海(Kara、ロシア語: Ка́рское мо́ре)はロシア北部に接する北極海の一部で、ノヴァヤゼムリャセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島の間の海。カラ海の西はバレンツ海、東はラプテフ海に繋がっている。面積は約88万km2。深さは平均110m。オビ川エニセイ川ピャシナ川タイミール川などが注ぎ込んでいる。主要な港はディクソンノヴィ・ポルト。一年のうち夏の2か月以外は氷に閉ざされる。

カラ海
カラ海の位置
カラ海 (ロシア)
カラ海 (クラスノヤルスク地方)
場所 北極海
座標 北緯77度 東経77度
種類
ロシア
水面積 926,000 km2 (358,000 sq mi)
平均水深 131 m (430 ft)
水量 121,000 km3
凍結 9か月以上
脚注 [1]

北緯77度線東経77度線がカラ海で交差する。

放射性廃棄物の海洋投棄

ソ連は1960年代から80年代にノヴァヤゼムリャ島近海5ヵ所で原潜を含む原子炉を廃棄した。1993年にロシアが報告した白書 (White Book) によると、廃棄された放射性物質には使用済み核燃料を含まない原子炉10基、使用済み核燃料を含む原子炉7基(内1基は使用済み核燃料をコンクリート詰めにしたもの)などが含まれており、投棄時の放射能は88.8x1015ベクレルと推定された。国際原子力機関による1993〜96年の調査 (International Arctic Seas Assessment Project (IASAP)) では調査時点での放射能を4.732x1015ベクレルと推定しており、投棄時の放射能を37.0x1015ベクレルと見積もった[2]

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.