カラコル

カラコル(Caracol)は、ベリーズ南部カヨ州、マヤ山地、モパン川の上流に位置するマヤ文明の都市国家であった。

その「首都」(現カラコルの遺跡)は、オシュウィツア(Oxhuitza「3つの丘の水」)と呼ばれていた。A.D.330年頃から石碑に王朝の歴史が刻まれていたことが判明している。カラコルは、当初ティカル(Tikal)に従属する国家であって、ヤハゥ=テ=キニチ(「太陽神の王」)2世(「支配者3」、「水王(Lord Water)」とも呼ばれる。)は、ティカルの王の後見のもとで、553年に即位するが、カンペチェ州にあるカラクムル(Calakmul)と同盟し、562年の「星の戦争」で、ティカルを攻撃して、打ち破った。680年にナランホに攻撃されて破壊され略奪されるまで繁栄した。

1930年代に遺跡が発見され、1985年以降、セントラルフロリダ大学のチェイス(Chase)夫妻らによって大規模な調査が行われている[1]

脚注

  1. ダグラス・プレストン『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』NHK出版、2017年、79頁。ISBN 978-4-14-081716-2。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.