カラクム砂漠

カラクム砂漠(カラクムさばく、Karakum Desert)は、中央アジアトルクメニスタンにある砂漠である。Kara kumとはテュルク系の言語で「黒い砂」を意味する[1]

カラクム砂漠
Desert
カラクム砂漠の範囲
トルクメニスタン
面積 350,000 km² (135,136 sq mi)
バイオーム 砂漠

面積は350,000 km²で、同国の国土の約70%を占める。「死の砂漠」の別名を持つことでも知られている。

西はカスピ海、北はアラル海トゥラン低地、北東にはアムダリヤ川キジルクム砂漠がある。

牧畜地帯だが、アムダリヤ川からのカラクム運河によって灌漑農業も発達している。

脚注

  1. デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年3月10日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.