カフェ・ソスペーゾ

イタリアナポリバールには、一杯のコーヒーを飲むときに、裕福ならば二杯分の代金を支払い、貧しくてコーヒー代も支払えない人のために使ってもらうという制度がある[2]

カフェ・ソスペーゾ(Caffè sospeso)。ソスペーゾは保留という意味[1]

しかし、現代のナポリではこの制度は衰退の傾向がある。一方、東欧ブルガリア[2]などでは拡大、定着しつつある[1]

このシステムに倣い、2015年夏にイタリア国内の数百店舗では、貧困家庭の子ども等にアイスクリームを無償提供するプロジェクト「保留アイスクリーム」が実施された(SalvamammeというNGOが考案)[3][4]

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.