カナダの国旗

カナダ国旗は、赤白赤の縦縞で、中央に赤いサトウカエデ: Sugar maple)のが配置されており、英語ではThe Maple Leaf Flag(「メイプルリーフ旗」)、仏語ではL'Unifolié(「一葉旗」)とも呼ばれる。現在の図柄は1965年2月15日より用いられ、現在に至っている。

カナダの国旗
用途及び属性 ?
縦横比 1:2
制定日 1965年2月15日
使用色

概要

カナダの歴史では、1965年の現国旗制定までの長い間、イギリスの国旗(ユニオンフラッグ)が左上(カントン)に配された旧国旗、特にレッド・エンサインという赤をベースにしたものを使用していた。旗に記された紋章も変遷しているが、1921年からは一部にサトウカエデを用いている。カエデの一種であるサトウカエデはカナダを代表する木で、紅葉の美しさやその樹液からメープルシロップが作られることなどで良く知られている。開拓時代、食べ物がない冬の間、先住民の教えでカエデの樹液をすすって飢えをしのいだというカナダの厳しい自然の中での暮らしを象徴している。メープルリーフの周りの白は雪の降る様子をイメージしており、国旗の両側にある赤は向かって右側が大西洋、左側が太平洋を示している。また、メイプルリーフの12本のとげは10州と2準州とを意味している(ヌナブト準州は当時存在しなかった)。

1960年代前半に国旗のデザインについて広範な議論が行なわれ、現在の国旗デザインは1964年12月に下院および上院で承認されたものである。1965年1月28日にカナダ女王たるエリザベス2世によって国旗制定の宣言が行なわれ、2月15日より使用されている。このため、2月15日はカナダ国旗の日とされている[1]

現在カナダ国内でユニオンフラッグが使用されるのは、カナダの国旗としてではなく、独立国家イギリスの国旗としての場合、またはカナダがイギリス連邦の一員であることを示す場合の2つの場合のみである。

歴史的な旗

提案された旗

軍旗など

脚注

  1. 小倉マコ (2017年2月2日). 2月15日はカナダ国旗の日”. バンクーバー新報. 2020年6月2日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.