カシリク

カシリクタタール語Qaşlıq)、イスケルİskär)またはシビルSibir)は中世(14~16世紀)シベリア・タタール人の都市で、イルティシ川右岸、現トボリスクから19km南東に位置した。

歴史

15世紀末よりシビル・ハン国の首都となった。16世紀半ばに最盛期を迎え、1582年コサックアタマン(指導者)イェルマークの軍勢によって滅ぼされた。廃墟と化した都はタタール人により1584年に再建されたものの1586年には永久に失われた。1587年にその付近にトボリスクの街が建設された。カシリクの遺跡は今日ではロシア人から「クチュムの要塞」と呼ばれている。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.