カシオペア (バンド)

1977年に結成。1979年にデビュー。以来、アルバムなどの作品制作やライヴを毎年ほぼ絶えることなく続けてきたが、2006年にすべての活動を一旦休止。2012年CASIOPEA 3rd(カシオペア・サード)として活動を再開した。最新作は2019年7月17日発売のアルバム『PANSPERMIA』。

カシオペア
CASIOPEA 3rd
出身地 日本
ジャンル フュージョン
活動期間 1977年 - 2006年(カシオペア)
2012年 - (CASIOPEA 3rd)
レーベル アルファレコード→アルファミュージック(カシオペア)
ポリドール(カシオペア)
PIONEER LDC→GENEON ENTERTAINMENT(カシオペア)
ポニーキャニオン(カシオペア)
HATS UNLIMITED (CASIOPEA 3rd)
公式サイト https://www.casiopea.co.jp/
メンバー 野呂一生(ギター)
鳴瀬喜博(ベース)
大高清美(キーボード)
神保彰(ドラム)
旧メンバー 向谷実(キーボード)
佐々木隆(ドラム)
櫻井哲夫(ベース)
日山正明(ドラム)
熊谷徳明(ドラム)

カシオペア (Casiopea) は、日本のフュージョンバンド

概要

メンバー構成

バンド名をCASIOPEAにした直後の1976年に出場したアマチュア・バンド・コンテスト「EastWest'76」から現在のCASIOPEA 3rdに至るまで、ギター、ベース、キーボード、ドラムの4人編成で活動。途中、専属ボーカリストの帯同(1986年 - 1987年)やツインドラムでの形態(2004年 - 2006年)もあった。現在のメンバーは以下の通り。

正式メンバー プロフィール 担当 備考
野呂一生
(のろ いっせい)
(1957-01-01) 1957年1月1日(64歳)東京都出身 ギター バンドのリーダー。メイン・コンポーザー。唯一のオリジナル・メンバー。
鳴瀬喜博
(なるせ よしひろ)
(1949-11-13) 1949年11月13日(71歳)東京都出身 ベース 1990年加入。
大高清美
(おおたか きよみ)
10月18日[注 1]埼玉県出身 キーボード 2012年加入。
サポートメンバー プロフィール 担当 備考
神保彰
(じんぼ あきら)
(1959-02-27) 1959年2月27日(62歳)東京都出身 ドラム 1980年に加入して1989年まで在籍した後、1997年よりサポートメンバーとして復帰。

三期に分かれる活動期

結成時から1989年までの野呂一生・櫻井哲夫・向谷実・神保彰のメンバーでの活動を第1期、1990年に櫻井と神保の脱退を受けての鳴瀬喜博加入から2006年の活動休止表明までを第2期[1]2012年に活動再開表明して同時に向谷の脱退を受けて大高清美の加入がなされた現在の形態であるCASIOPEA 3rdを第3期としている。

活動期 アルバム ギター ベース キーボード ドラム
カシオペア
第1期 1976年 野呂一生 櫻井哲夫 小池秀彦 鈴木徹
1977年 - 1979年 向谷実 佐々木隆
1979年 CASIOPEA

SUPER FLIGHT
1980年 - 1989年 THUNDER LIVE

WORLD LIVE '88
神保彰
第2期 1990年 - 1992年 THE PARTY

WE WANT MORE
鳴瀬喜博 日山正明
1992年 - 1996年 DRAMATIC

Flowers
熊谷徳明
1997年 - 2003年 Light and Shadows

PLACES
神保彰(サポート)
2004年 - 2006年 MARBLE

SIGNAL[注 2]
CASIOPEA 3rd
第3期 2012年 - 現在 LIVE LIFTOFF 2012

野呂一生 鳴瀬喜博 大高清美 神保彰(サポート)

タイムライン

サウンドの特色

リズム面では16ビートを基本とし、またハーモニー面ではジャズ理論をベースとし、テンション・ノートや代理コードを多用した複雑ながらもスムーズなコード進行や転調が特徴の一つ。

結成時からリーダー兼ギタリストの野呂が書くオリジナル曲を中心に演奏。そのロックやファンクをベースとし、アドリブなどソロプレイでなくアンサンブルを主体にしたインストの音楽性は、黎明期の日本のフュージョン・シーンにおいて珍しかったが、80年代に入るとポップス性を前面に出したザ・スクエア(現:T-SQUARE)と共に主流となり、親しみやすくそれでいてテクニカルなインストの曲には「カシオペアっぽい」という形容詞が普通に使われるようになる。

他のフュージョン系アーティストと同様、カシオペアの曲はテレビ番組やラジオ番組のBGMとしても頻繁に使われている。

商業的評価

80年代前半から中盤にかけて商業的にも成功し、歌のないインストバンドながらアルバムリリース毎にチャートの上位を賑わし、ライブを重ねるごとにファンを増やし続け、日本全国でホール展開のコンサート・ツアーを催していた。

しかし、1980年代後半になると、全米進出のためにボーカルの導入やアメリカン・ポップス色を強くした音楽性はバンドの方向性に迷いを示し、ファン離れが顕著となる。さらに櫻井と神保の脱退という決定的な事態が追い打ちを掛けて人気が急落した。

鳴瀬喜博を迎えて以降は方針を修正し、デビュー以来のロックやファンク・ティストのインストに絞った音楽性による継続した活動を行い、時間は掛かったものの旧来からのファンの回帰に加えて常に新しい世代のファンを増やすことにも成功。浮き沈みが激しい今日の日本の音楽業界の中で、活動休止前年の2005年まで毎年コンスタントにアルバムを制作してリリースし続けていた。

2006年の活動休止後、復活を望む声は絶えず寄せられていて、活動再開の理由のひとつにファンの声援に後押しされたというものがあった。再開後のライブはどれも盛況で、東京 JAZZの前夜祭イベント、その後のツアーの東京と大阪公演はチケットを前売り段階でソールドアウトにした。

他アーティストへの影響

デビューアルバムからバンド譜が発行されたり、演奏者向けの音楽誌に取り上げ続けられたこともあり、多くのアマチュアプレイヤーにコピー演奏されてきた。現在でも多くのコピーバンドが存在する。

アマチュア時代にカシオペアの曲をコピー演奏したり、影響を受けたプロミュージシャンも数多い。スターダストレビュー根本要は後述のコンテスト「EastWest」で一緒に出場していたカシオペアを見て、あまりの凄さにそれまで行っていたインストゥルメンタルの演奏をあきらめ、ヴォーカルバンドに方針転換したことを明かしている。後年、スターダストレビューでカシオペアをリスペクトした「Cassiopeia」という曲をアルバム収録している。

吉川晃司1985年にカシオペアとフジテレビの音楽番組『夜のヒットスタジオDELUXE』で共演した際にギターでコピー演奏していたことを告白。代表曲「ASAYAKE」のコピー演奏も流れた。フュージョン系ミュージシャンでは、元T-SQUAREの則竹裕之須藤満本田雅人DIMENSION小野塚晃日野賢二らもアマチュア時代にコピーに勤しみ、その後の演奏活動にも多大な影響を受けることになった。ベーシストであり、作・編曲家でもある徳永暁人は学生時代にカシオペアをコピーしていたばかりでなく、東京音楽大学在学中にそこで講義を受け持つ鳴瀬と野呂の生徒として学んでいた。他に、谷村有美などもアマチュア時代にコピーしていたことを著書の中で綴っている。さらに日本のポップス界で有名なプロデューサーの亀田誠治(後に櫻井哲夫のソロアルバムをプロデュースしている)や本間昭光等もファンであったことを明かしている。モンド・グロッソ大沢伸一はカシオペアの「ダズリング」をアルバムでカヴァーしていたり、キー・オブ・ライフというユニットがカシオペアの「ASAYAKE」をサンプリングした「ASAYAKEの中で」という曲をシングルデビュー曲としてリリースしている。

海外のミュージシャンについてはヨーロッパツアー等をしていた時期を通じ、デュラン・デュランカジャグーグー等のイギリスのミュージシャンがカシオペアを聞いているとの内容が当時のインタビューで語られていた。カジャグーグーはカシオペアのレコーディングにも立ち会っている。シャカタクもカシオペアのファンであることを公言していたり、後のアシッドジャズ系のギタリスト、ロニー・ジョーダンが影響を受けたことを明かしている。近年ではダーティ・ループスがカシオペアのファンであることを明かしていたり、テレビ番組の出演の際にカヴァーしてみたいアーティストとして名前を挙げたり、自身のライブにカシオペア3rdを招待しようとしていた。

歴史

野呂一生と櫻井哲夫の出会いによる結成

1974年、当時高校三年生だった野呂一生と高校二年生だった櫻井哲夫は別々の高校に通っていたが、ともに属していた都内のロック演奏のコミュニティで出会って意気投合し、ベック・ボガート & アピスを目標として都内の練習スタジオでセッションしだすようになる。翌1975年、野呂は明星大学に進学し、その大学の軽音楽同好会のメンバーで構成されたロックバンドのファンシーハウスや中山ラビのバックバンドに参加してセミプロとして活動開始するも、それらはいずれも短期で離脱して、自作曲を元にした櫻井とのバンド活動にシフトが置かれるようになる。野呂と櫻井以外は常にメンバーは流動的で、ボーカルを従える時期などもあったが、次第にハードロックやファンクをベースとして、そこにジャズのエッセンスを加えたインスト音楽にバンドの方向性は持って行かれた。

バンド名の由来

野呂と櫻井で結成したものの、このふたり以外に固定メンバーがそろわずに活動していたためバンド名もライブを行う度に適当に付けられていた。しかし、あるミニコミ誌の取材を受けた際、「正式なバンド名がなければ載せられない」という申し出があり、野呂が自宅に帰って母親に相談したところ、「星座の名前なんていいんじゃない?」とのアドバイスに星座の本を広げて選んだのがカシオペアである。ただ、英字表記はCasiopeaとし、出典元のカシオペヤ座 (Cassiopeia) の正式な表記とは異なる。

バンド・コンテスト出場と向谷実の加入

バンドの名称をカシオペアと改めた後の1976年、野呂と櫻井、先述のロック演奏のコミュニティに属していた小池秀彦(キーボード)と鈴木徹(ドラム)を入れた4人編成でヤマハ主催のアマチュア・バンド・コンテスト「EastWest'76」に出場し、決勝大会まで進出して野呂がベストギタリスト賞を獲得したことでアマチュア・シーンに名前が知られ始める。しかし、決勝大会出場直後に鈴木は掛け持ちしていたプリズムのレコードデビューが決まったことからそちらに活動シフトを置くために脱退し、小池も当時様々なバンドを掛け持ちしていて多忙であったことから鈴木の脱退を受けてフェイドアウトするように脱退していってしまう[注 3]。再び野呂と櫻井のふたりだけになったカシオペアは、翌1977年に開催される「EastWest'77」に出場するべくメンバー探しに奔走。野呂は友人のツテを頼って、自分と同学年の年齢で、当時合歓音楽院(現・ヤマハ音楽院)エレクトーン科在籍中だった向谷実をキーボーディストに勧誘して引き込んだ。その際、野呂はカシオペアの指向について、向谷が信奉していたミュージシャンのひとりを引き合いに出して「チック・コリアみたいな音楽(当時活動していたエレクトリック編成のリターン・トゥ・フォーエヴァー)をやっている」と口説いた。一方、ドラマーの人選はなかなか決まらず、幾人か代わる代わる入れ替えながら出場して行き、決勝大会出場時になってようやく佐々木隆で固定される。カシオペアは最優秀グループ賞と野呂の二年連続のベストギタリスト賞を受賞した。これが足がかりとなってカシオペアは「EastWest '77」決勝大会出場メンバーでプロデビューを目指すこととなって都内近郊でライブ活動開始。1990年代以降はこの1977年を公式にカシオペア結成の年としている。

このデビュー前の時期、「EastWest'77」の審査員だった鳴瀬喜博に見いだされ、野呂と向谷はプロとしての仕事に度々誘われるようになる。また、大村憲司村上秀一といったフュージョンに傾倒していたロック系ミュージシャンとも交流を築く。先行してデビューしていたプリズムとは同じロック演奏のコミュニティ出身だったことから、ともに結成以前からメンバー間の交流もあった一方で、フィールド違いの大学のジャズ研出身だったザ・スクエア(現・T-SQUARE)とはデビューしてから知り合うことになるのでこの当時は面識さえもなかった。また、ともに「EastWest'77」に出場して決勝大会まで進出したサザンオールスターズとはプロ志向どうしであったから合同でライブを行ったり、一緒にイベント出演をするなど共演の機会が多かったバンドの一つだった。

デビュー

「EastWest'77」出場後、都内近郊で月間最大18本に渡るライブを精力的に行っていき、来るべきプロデビューに向けてバンドを固めていった。並行して数々のレコード会社からの引き合いに応じたのだが、カシオペアが持つ音楽性(ロックをベースとしたオリジナル曲によるインスト)は、“いまの市場には新し過ぎて売れない”との判断が下され、何のレコード会社からも大幅な変更を要望されたことで、レコードデビューが難航していく。この状況に苦慮したカシオペアは打開策として「自ら出資してセルフプロデュースによるスタジオ収録のレコード音源を作り、何かのレコード会社にその原盤権を買ってもらって商品化してもらう」という自主レーベル作品に近いことを考えて実行に移した。製作費に100万円以上掛けたものの、レコーディング経験者がいなかったことで稚拙な出来となってしまったレコード音源は、カシオペアに興味を示していたはずの各レコード会社の態度を余計に硬化させるだけのものなってしまう。袋小路に入ってしまったカシオペアへ最後に手を差し伸べたのは当時新興だったアルファ・レコードであった。「作っていたレコード音源を買い取るが、それは使わない」「音楽性は尊重するが、アルファ・レコードが指定したプロデューサーと専門スタッフの下で新たにレコーディングする」、カシオペアはアルファ・レコードから出された条件を受け入れて、ようやくレコードデビューに漕ぎ着けた。

1979年5月、日本におけるフュージョン・ブームの真っ直中、アルバム『CASIOPEA』でレコードデビューする。当時のメンバーは「EastWest'77」に出場したときからの野呂一生(ギター)、向谷実 (キーボード)、櫻井哲夫(ベース)、佐々木隆(ドラム)。4人の演奏に加えてオーバー・ダビングながら、ブレッカー・ブラザーズランディ・ブレッカーマイケル・ブレッカー)、デイヴィッド・サンボーンらがゲスト参加した豪華な作りとなった。そのデビューアルバム『CASIOPEA』の帯には超絶技巧でアクロバティックな演奏スタイルを示した「スリル、スピード、スーパー・テクニック」というキャッチコピーが与えられた。このキャッチコピーは以後カシオペアの音楽性を表す代名詞となる。1979年のデビュー時、アマチュア時代からの活動拠点であった都内近郊では一定の認知度と人気は既にあったが、全国的に名が知られ始めたのは、同年の日本航空のニューヨーク・キャンペーンのCM曲としてデビューアルバム後に発表したシングル「I LOVE NEW YORK」が使用されてから。また、その「I LOVE NEW YORK」を収録した2枚目のアルバム『SUPER FLIGHT』がデビューアルバム以上の売り上げもみせるなどして活動は好調の兆しを見せていたのだが、ドラムの佐々木が音楽的な方向性の違いにより脱退することが決まってしまった[注 4]

神保彰の加入

1980年、ドラムを神保彰にメンバーチェンジ。前年の秋、慶應義塾大学在学中の櫻井がゼミ仲間から同大学のジャズのビッグバンド、慶應義塾大学ライトミュージックソサエティのライブに就職活動で出演できないベーシストの代役を依頼され受諾。そこで出会ったのがそのビッグバンドに在籍していた神保であった。櫻井は神保に卓越した才能を見いだし、彼を佐々木の脱退が決定事項となっていたカシオペアの次期ドラマーに推薦し、カシオペアはメンバーとスタッフ総出で神保を口説き落としてメンバーに迎えた。当時大学3年生だった神保はカシオペアに誘われるまではプロ経験はなく、また将来プロになる志向もなかった。しかし、ビッグバンドの活動とは別に、敬愛するアメリカのドラマーのスティーブ・ガッドハービー・メイソンが参加した洋楽フュージョンのレコードを片っ端から聴いていてコピー演奏していたり、小編成のコンボスタイルのフュージョンへの憧れや造詣は深く、それらと近似したカシオペアの音楽性にやりたいことを見いだしてプロになることを決断した。

黄金期

神保が加入してすぐにライブ・レコーディングされた3枚目のアルバム『THUNDER LIVE』は、音楽誌『ADLiB』の連載企画「ブラインド・フォールド・テスト」(来日した海外のフュージョン系の著名ミュージシャンに、日本のフュージョン系アーティストの新譜レコードをアーティスト名やプロフィールなど目隠し状態で伏せて聴かせて、音だけの判断で評論してもらう)で賞賛され続けたことで話題を呼び、人気が一気に高まっていく。以後、アルバムを出すごとに売り上げを伸ばし続け、ライブの規模と動員もそれにともなって拡張していった。

所属レコード会社、アルファレコードが海外進出に意欲的で、神保加入後のデビュー3年目の1981年にアメリカ、翌1982年にイギリス向けのレコードをそれぞれ製作して海外進出を果たす。レコード発売ばかりでなく、以降はヨーロッパ南米香港東南アジアなどでライブも行うようになる。

メディア展開も音楽誌やFM番組出演にとどまらず、1984年には音楽を担当したのと併せてメンバー全員で出演もしたマクセルのビデオテープのCMがテレビで連日オンエア、それと前後してNHK『レッツゴーヤング』、フジテレビ『夜のヒットスタジオDX』などのテレビの人気音楽番組への出演も果たしていき、音楽ファンばかりではない一般への知名度も広く浸透していった。また、1984年のヨーロッパツアーのイギリス公演がNHKのニュース番組『ニュースセンター9時』に取材されて、日本での活動と変わらぬ盛況ぶりが伝えられた。このようにカシオペアは国内外で確固たる人気を築いていった。

1986年、ヨーロッパ圏や東南アジア圏の海外での成功を勢いにして、アルバム『SUN SUN』で再度[注 5]の全米進出を試みる。国内同様に市場規模が限られているジャズ・フュージョンではなく、市場規模が一番大きいポップ・ミュージックのカテゴリーに合うように、プロデューサーデヴィッド・ボウイのサポートギタリストとして知られるカルロス・アロマーを迎えて、ボーカル曲の導入やその当時の最先端の流行を追った音楽性に変化させたものの、結局は適わなかった。これで諦めず、翌1987年の次作のスタジオ・アルバム『PLATINUM』の音楽性も『SUN SUN』のそれをさらに押し進めたもので通した。しかし、1980年代後半に入ってからのこのアメリカ市場を見据えた音楽性の変化は、国内の活動にも響いて人気が下降していってしまう。

メンバー分裂

1988年までのカシオペアは年間2枚のアルバム制作と国内外で年間100本前後に渡るライブをこなしていた。常にカシオペアはグループとしての活動を優先させたため、メンバーのソロ活動は制限されることになり、他のバンドとの掛け持ちもなく、他アーティストのライブやレコーディングへのゲスト参加も少なかった。1985年1986年の当初から期間が定められていたソロ活動も各自ソロアルバムを制作するだけに留まった。

1989年、それまで在籍していたレコード会社との契約が終わって、次のレコード会社への移籍途中であった。そのため、カシオペアはグループとしての基幹活動であるアルバム制作と全国ツアーを休止し、メンバーのソロ活動に充てていた。しかし、その中で櫻井と神保はメンバーを集めてボーカル音楽のバンド、シャンバラを結成。アルバムを制作したほか、ライブ活動も行い始める。野呂一生と向谷実は「シャンバラの今後の継続的な活動は、直に迫るカシオペアの活動再開に支障を与える」として二人にシャンバラの活動停止を要請。これに対し、櫻井と神保はカシオペアの活動と両立できると主張。野呂・向谷と櫻井・神保の両陣営は最後まで平行線を辿って物別れになり、櫻井と神保はこの年をもってカシオペアを脱退してしまう。翌年、櫻井と神保はシャンバラ以外にフュージョン・シーンで活動するジンサクというユニットを結成していく。また、メンバー分裂問題以外にも所属事務所の移籍問題も抱えるなど、この年はカシオペアにとって苦難が重なった。

鳴瀬喜博の加入

櫻井と神保の脱退を受けて、1990年にセッション・ベーシストの御大“ナルチョ”こと鳴瀬喜博とジャズ・ドラマーの日山正明を迎える。鳴瀬はカシオペアがアマチュア時代に参加した「EastWest'77」で審査員をして以来の、日山はカシオペアのデビュー前後に活動していたフュージョン・バンド、クロス・ウィンドの元メンバーでそれ以来の付き合いと、音楽性や技能とともに継続して活動できるように知古の者を選んだ。メンバーチェンジをしたカシオペアは、すぐさまアルバム『THE PARTY』と同タイトルの映像作品を制作し、同時発売するとともにライブ活動も再開した。翌1991年、アルバム『FULL COLORS』を制作して発売。前作同様にインスト曲のみで構成される作品であり、1980年代後半に変貌させていた音楽性を軌道修正していた。

1992年に病気療養を理由に日山が脱退し、その後任に当時22歳の熊谷徳明が加入した。熊谷は海外での音楽留学から帰国後、国内での活動を見いだすためにアマチュア時代に敬愛していたカシオペアの所属事務所にプロフィールとデモテープを送っていたのが採用のきっかけとなった。

神保彰のサポート復帰

メンバーが流動的になりながらも活動状況は安定していて、作品は毎年定期的に作り続けられた。海外でのライブも各国で引き続き敢行されて1996年には日本人のアーティストとして韓国公演を行って話題となる。しかし、この年限りで熊谷が脱退、1997年からカシオペアは、野呂・向谷・鳴瀬の3人による名義のユニットとなる。一時は菅沼孝三がサポートに入るなどしていたが、そこに神保がサポートメンバーで復帰して支えていく[注 6]。1997年中はアルバム『LIGHT AND SHADOWS』のロス・レコーディングに帯同していなかったり、参加名義も“スペシャル・サポート”だったのが、翌1998年からは全てのスケジュールに帯同するようになり、参加名義も“スペシャル”が取れたレギュラーな“サポート”となっていく。デビュー20周年を迎えた1999年には日比谷野外音楽堂で歴代メンバー(小池、櫻井、熊谷の3人)を迎えた記念コンサートを開催した。2003年には同じく日本を代表するフュージョン・バンドであるT-SQUAREとのジョイント・コンサートや、2004年からはその神保とT-SQUAREの元メンバーである則竹裕之が結成したツインドラムのユニット、Synchronized DNAをサポートに入れた5人体制で活動を行っていたりもした。

活動減少

1990年代前半は第1期のようにグループとしての活動を優先させたが、1990年代後半に入ると、向谷が鉄道趣味関連ビジネスの手始めとなるトレインシミュレーターの制作、鳴瀬が野獣王国のメンバーとして活動開始、野呂も七年ぶりのソロアルバム『TOP SECRET』の制作や青木智仁斉藤ノブらの誘いを受けてのセッション活動に参加しだすようになって各々のソロ活動が活発化する。その分、カシオペアのライブの本数は年々減少していった。

2000年代に入ると、向谷の鉄道趣味関連ビジネスは以前よりも拡大、鳴瀬は野獣王国に加え、リーダープロジェクトのURUGOME(1980年代後半に鳴瀬がリーダーとなって活動していた「うるさくてゴメンねBAND」のリユニオン)も活動開始、野呂がリーダープロジェクトでのアルバム制作と定期的なライブ活動をするなど、さらにソロ活動の比重が高まっていった。この頃の年間のライブ数は多くて10本程度だった。

2006年8月1日、野呂の「カシオペアとしての一切の活動を休止したい」との意向により、レコーディングおよびライブなどの活動をすべて休止すると発表した。

活動休止期(2006年から2012年まで)

活動休止期間中のメンバーの音楽活動はそれぞれリーダープロジェクトを立ち上げてのソロ活動が中心となっていた。この期間中は一度たりともリユニオンによるライブやレコーディングはなされなかったが、メンバー各々で集まっての音楽活動や、参加するライブでカシオペアの曲は演奏されていた。

活動休止したその年から、鳴瀬は野獣王国やURUGOMEに加えて、カシオペアに提供した自作曲を中心に披露するためのユニット、Narucho-ICE(ナルチョイス)を結成して定期的にライブ活動開始。ベース、ギター、ドラム、ホーン×3の6人編成に、初期は向谷がゲスト扱いで毎回参加し、向谷の自作曲や野呂が書いた代表曲も演奏された。野呂も2009年と2012年の合計2回参加して「ASAYAKE」や「FIGHT MAN」などの自作曲にして代表曲を演奏したが、野呂と向谷の両人がそろって参加することはなかった。

向谷は鉄道事業の音楽制作において起用しているミュージシャンらで構成したユニット、向谷実とメロディーズを結成した[注 7]。キーボード、ギター、ベース、ドラム、サックス、バイオリンの6人編成で、ライブ活動では、メロディーズで制作した曲、過去の向谷のリーダープロジェクトで制作した曲に加えて、カシオペアでの自作曲も積極的に取り上げていた。カシオペアのメンバーとの共演としては、先述のNarucho-ICEへのゲスト参加、向谷実×中西圭三プロジェクトではレコーディングに鳴瀬と神保を起用、さらに神保とは実験的な音楽制作も行っていた。

2008年、野呂はカシオペアとそれまでのソロプロジェクトを分け隔てなく考えた、野呂曰く「自分がやりたいことをとことん追求」したアルバム『INNER TIMES』を制作し、レコーディングメンバーを制作中にバンド化させて、ソロ名義ではなくそのバンド名のISSEI NORO INSPIRITS(イッセイノロ・インスピリッツ)名義で発表する。ISSEI NORO INSPIRITSは、ギター、キーボード×2、ベース、ドラムの5人編成で、神保彰も参加している。この活動休止期間中に4枚のアルバム、1枚の映像作品を制作し、少ない本数ながらも定期的にライブも行っていた。ただし、作品においてもライブにおいてもカシオペアの曲は取り上げられることはなかった[注 8]。なお、野呂と鳴瀬はともに東京音楽大学の講師で毎週のように顔を合わせていて、授業の一環で一緒に生徒たちの制作活動をサポートするときもある。

サポートメンバーだった神保は、演奏者が自分独りだけによるライブ、ワンマンオーケストラにおいて、休止後からカシオペアで自作した曲と「ASAYAKE」などの代表曲を取り上げて演奏していた。また、リーダーグループで2009年に出演した東京JAZZでは自作曲にして代表曲である「MID-MANHATTAN」を、そのオリジナルが収録された1982年のアルバム『FOUR BY FOUR』にも参加したギタリスト、リー・リトナーとセッションしたことから話題となった。

2012年

4月20日、結成35周年を迎えるにあたって、向谷の脱退とその後任として大高清美(キーボード)の加入、6年振りの活動再開がオフィシャルサイトにて発表された。また、活動再開後の名義をCASIOPEA 3rdとした。再開後の最初のライブは同年9月の東京JAZZとその前日に単独出演で行われた前夜祭イベント(トーク&リハーサルライブ)。その後、国内ツアーに先行してインドネシアジャカルタでの単独公演、そして10月に東名阪の国内単独公演ツアーが行われた。ライブは活動休止前の既存の曲の演奏が中心ではあったが、CASIOPEA 3rdとして活動再開表明後に野呂が書き下ろした「ARROW OF TIME」がレパートリーに加わっていた。

制作活動も再開されていて、同年12月に出演したフュージョン・イベント「LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT」関連のコンピレーション・アルバム『CROSSOVER NIGHT〜CROSSOVER JAPAN 2012〜』に、CASIOPEA 3rdで新たにスタジオ・レコーディングした「FIGHT MAN (2012ver.)」と「GOLDEN WAVES (2012ver.)」の2曲を収録。また、活動再開後初のツアーからSHIBUYA-AXでの単独公演を収録したライブDVDと2枚組CDが『LIVE LIFTOFF 2012』としてそれぞれソフト化されている。

CASIOPEA 3rdの活動はメンバー各々のソロ活動と併せて行われている。野呂は活動休止中に作ったリーダープロジェクトであるISSEI NORO INSPIRITSを継続。鳴瀬もNarucho-ICEを継続させたほか、活動再開の発表直前に新たなリーダープロジェクトであるザ・チョッパーズ・レボリューションを結成している。大高は加入以前の参加プロジェクトやリーダープロジェクトを継続。神保も休止前と同じく全活動に帯同するものの引き続きサポートドラムという立場で参加している。それ故、年間の活動はスケジュール的にごく限られた期間の中で行われている。

2013年

前半は各々の個人活動の期間に充てられた。後半から活動再開し、7月から8月にかけて全国各地でライブを開催。同時期に新曲を中心としたスタジオ・レコーディングも行われ、それを11月20日にCASIOPEA 3rd初&8年ぶりのオリジナルアルバム『TA・MA・TE・BOX』として発表した。11月に前年に続いてインドネシアのジャカルタにて単独公演を、12月に国内でアルバム発売記念ライブツアーを行った。

2014年

5月にデビュー35周年記念のファンイベントを開催した。夏にはライブツアーを行い、そのライブツアー中にCASIOPEA 3rd初の野外フェスティバルとなる「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'14」にも出演した。12月にも全国6カ所のライブツアーを行った。

2015年

1月から新作アルバムのスタジオ・レコーディングを開始し、4月に『A・SO・BO』として発売された。アルバム発売直後にそれを記念してのライブが東京と大阪で、夏には全国ツアーを行い、川崎クラブチッタで行った公演を収録したライブDVD及ぶライブCD、『A・SO・N・DA ~A・SO・BO TOUR 2015』を12月に発表。

2016年

7月にアルバム『I・BU・KI』を発売。2016年8月からアルバム発売記念ライブツアーを行った。

2017年

2017年7月にセルフ・セレクション・ベスト・アルバム 40th HISTORY ALBUM 『VESTIGE』を発表。同時に発売記念ライブツアーを行った。

2018年

CASIOPEA結成40周年および野呂一生のソロプロジェクトISSEI NORO INSPIRITS 結成10周年記念として、EX THEATER ROPPONGIにて行われたISSEI NORO INSPIRITSとの共演ライブをDVDに収録した『Both Anniversary Gig 「4010」』を5月に発表。さらに7月に新作アルバム『A・KA・RI』を発表した。

エピソード

アマチュアコンテスト時代を振り返った桑田佳祐は、サザンオールスターズ青山学院大学の同好会部員を応援のサクラに連れていったが、カシオペアとツイストだけはアマチュアにもかかわらず、すでに固定ファンを持っていて、彼らが応援していたと回想した。

デビューした年が近い、同じフュージョンユニット・T-SQUAREに対して、野呂は「同級生的な感覚がある」と度々口にしている。この2つのグループは、1994年にテレビ番組『タモリの音楽は世界だ!』で共演したことがあり、その際に野呂が発した言葉である。また、2003年にT-SQUAREと共演したライブ『CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!!』での談話でも、同様の発言をしている[3]

カシオペアラジオ

2016年にファンによって始められたノンストップカシオペアというインターネットラジオがある。

代表曲

バンドのイメージに即座に結びつき、人気を決定付けた初期の代表曲を解説する。

ASAYAKE
初収録は2枚目のアルバム『SUPER FLIGHT』。当初はキーボードが主題の曲であったが『EYES OF THE MIND』でギターが主題担当となり、同様のアレンジで『MINT JAMS』にも収録、ライブでは必ずといって良いほど演奏される定番曲となった。イントロのギターカッティングのフレーズは、あまりにも有名。1995年にはKey of Lifeが「ASAYAKEの中で」としてカバーしている。
DOMINO LINE
初収録は『CROSS POINT』。その後『MINT JAMS』にアレンジを変えて収録される。後発のこのバージョンには、フレーズ16分音符ごとに一音一音区切って別の楽器で演奏する「音のドミノ倒し」(Ds→G→B→Kb)という技が仕組まれている他、テクニカルかつ比較的長い(1分以上)のベースソロドラムソロが収録された(ベースソロに関しては櫻井が一部にちょっとした仕掛けをしているらしく本人曰く「一度も完全なコピーを聴いた事がない」)。
GALACTIC FUNK
初収録は『CROSS POINT』。その後『FOUR BY FOUR』にもリー・リトナー・グループと共演したヴァージョンを収録、ライブでも頻繁に演奏された。カシオペアには珍しいワンコードベースの進行が特徴で、ライブではそれを利用した非常に自由度の高いアドリブが可能、特に中期以降では野呂によるギターでのスラップ奏法が盛りこまれた。またツアーごとにイントロやブリッジ、エンディングにおいてのアレンジが更新されていた。
SPACE ROAD
初収録はデビュー作『CASIOPEA』。その後『EYES OF THE MIND』にも収録。同じテーマが短3度上に次々と転調していくのが特徴。初期 - 中期のライブで好んで演奏された。各所で主題に移る直前の16部音符でのギターの駆け上がりが特徴的であるが、中期以降のライブで演奏されるときにはこれに加えギター・ベース・キーボードによる16分音符主体のユニゾンが中間部に置かれた。
BLACK JOKE
初収録はデビュー作『CASIOPEA』。その後『EYES OF THE MIND』にも収録。イントロやエンディング6連符のユニゾン・フレーズが聴ける。このフレーズは野呂の手癖(多用するフレージングのパターンの一つ)が元になっているとのこと。
EYES OF THE MIND
初収録は『MAKE UP CITY』。その後『EYES OF THE MIND』にも収録。ライブでも頻繁に演奏されており、『CROSS POINT』発表まではライブのクライマックスにセットされることの多かった曲であるがその後は"SWEAR"にその座を譲り、アンコールなどで多く演奏された。
TAKE ME
初収録は2作目『SUPER FLIGHT』。その後『EYES OF THE MIND』、『MINT JAMS』にも収録。CROSS POINTツアーでの向谷のMCによるとメンバー内では「タケメ」の愛称で呼ばれていた。全編コード弾きによるメロディーラインが特徴。

ディスコグラフィ

レコード会社レーベルの再編成・統合に伴い再発盤は、アルファレコード時代の音源は、ヴィレッジミュージック[注 9]より、PIONEER時代の音源は、社名変更されたGENEON ENTERTAINMENT(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)よりリリースされている。

シングル

#タイトルカップリング曲発売日形態品番備考
アルファレコード[注 10]
1stI LOVE NEW YORKMAGIC RAY1979年5月25日17cmEPALR-1017JAL 『I LOVE NEW YORK キャンペーン』CMソング
2ndTHE SOUNDGRAPHYLIVING ON A FEELING1984年3月1日ALR-777マクセルビデオカセット CMソング
3rdZOOM/DOWN UPBEAT1985年1月25日12inchシングルALR-12002
4thHALLEHOSHI-ZORA1985年8月25日ALR-120033万枚限定発売
LOOKING UP ('85/4/27新国技館LIVE)
5thSUNMr.Unique1986年8月25日ALR-12005
Samba Mania
6thSOMETHING'S WRONG “CHANGE IT”SOMEONE'S LOVE1987年11月10日17cmEPALR-1017CASIOPEA WITH JOHN WAITE名義
ポリドール / AURA[注 10]
7thBAYSIDE EXPRESS太陽風 (TAIYO-FU☆THE WIND FROM THE SUN)1988年4月25日8cmCDH10P-30002
PIONEER LDC[注 10]
8thSPLENDORILLUSION1990年11月25日8cmCDPIDL-1013パイオニアパリ〜ダカール ラリー 1991テーマ候補曲
CDVPIFL-1012
アルファレコード[注 10]
アルファミュージック[注 10]
9thGLORYTHE WISHFUL STAR1993年5月21日8cmCDPIDL-1013テレビ東京系「Jリーグ中継」オープニングテーマ
10thTAKE COURAGEWARNING1994年5月25日ALDA-2001TXN「ダイヤモンドサッカー」オープニングテーマ
ポニーキャニオン[注 10]
11thGolden WavesForbidden Fruits1997年8月20日12inchシングルPCJA-00023

アルバム

#タイトル発売日販売地域形態品番レーベル備考
アルファレコード[注 10]
1stCASIOPEA1979年5月25日日本30cmLPALR-6017アルファレコード
1986年12月21日12cmCD32XA-104
1992年3月21日ALCA-271
1994年6月29日ALCA-9001
1998年7月23日ALCA-9196
2000年5月31日デジタルリマスター
12cmCD
TOCT-24364東芝EMI紙ジャケット仕様
2001年12月19日VRCL-2201ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2221ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20003ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
2ndSUPER FLIGHT1979年11月25日日本30cmLPALR-6029アルファレコード
1986年12月21日12cmCD32XA-105
1992年3月21日ALCA-272
1994年6月29日ALCA-9002
1998年7月23日ALCA-9197
2000年5月31日デジタルリマスター
12cmCD
TOCT-24365東芝EMI紙ジャケット仕様
2001年12月19日VRCL-2202ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2222ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20004ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
LIVETHUNDER LIVE1980年4月21日日本30cmLPALR-6037アルファレコード
カセットALR-6037
1986年12月21日12cmCD32XA-106
1992年3月21日ALCA-273
1994年6月29日ALCA-9003
1998年7月23日ALCA-9198
2000年5月31日デジタルリマスター
12cmCD
TOCT-24365東芝EMI紙ジャケット仕様
2001年12月19日VRCL-2203ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2223ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20005ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
3rdMAKE UP CITY1980年11月21日日本30cmLPALR-28007アルファレコード
1981年米国AAB-11010
1981年ヨーロッパALF 85624
1984年6月25日日本12cmCD38XA-15
1987年1月25日32XA-117
1992年3月21日ALCA-274
1994年6月29日ALCA-9004
1998年7月23日ALCA-9199
2001年12月19日デジタルリマスター
12cmCD
VRCL-2204ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2224ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20006ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
4thEYES OF THE MIND1981年4月21日日本30cmLPALR-28016アルファレコード
1981年米国AAA-10002
1981年ヨーロッパALF 85375
1984年3月25日日本12cmCD38XA-11
1987年1月25日32XA-115
1992年3月21日ALCA-275
1994年6月29日ALCA-9005
1998年7月23日ALCA-9200
2001年12月19日デジタルリマスター
12cmCD
VRCL-2205ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2225ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20007ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
5thCross Point1981年10月21日日本30cmLPALR-28029アルファレコード
1984年10月25日12cmCD38XA-24
1987年1月25日32XA-118
1992年3月21日ALCA-276
1994年6月29日ALCA-9006
1998年7月23日ALCA-9201
2001年12月19日デジタルリマスター
12cmCD
VRCL-2206ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年1月17日VRCL-2226ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20008ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
LIVEMint Jams1982年5月21日日本30cmLPALF-85869アルファレコード
1982年イギリス
1982年オランダ
1982年スウェーデンSNTF-924Sonet Records
1983年12月21日日本12cmCD38XA-5アルファレコード
1984年30cmLPALR-20002
1984年スウェーデン12cmCDSNCD 924Sonet Records
1987年1月25日日本32XA-112アルファレコード
1992年3月21日ALCA-277
1994年6月29日ALCA-9007
1998年7月23日ALCA-9202
2000年5月31日デジタルリマスター
12cmCD
TOCT24366東芝EMI紙ジャケット仕様
2002年1月23日TOCT24366ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2227ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20009ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
6th4×4 FOUR BY FOUR1982年12月16日日本30cmLPALR-28045アルファレコード
1984年2月21日12cmCD38XA-10
1987年1月25日32XA-114
1992年3月21日ALCA-278
1994年6月29日ALCA-9008
1998年7月23日ALCA-9203
2002年1月23日VRCL-2208デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2228ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20010ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
7thPhotographs1983年4月23日日本30cmLPALR-28049アルファレコード
1983年11月28日12cmCD38XA-3
1987年1月25日32XA-111
1992年3月21日ALCA-279
1994年6月29日ALCA-9009
1998年7月23日ALCA-9204
2002年1月23日VRCL-2209デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2229ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20011ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
コンピレーションAIR SKIP CASIOPEA "On The American FM Wave"1983年6月25日日本カセットALC-28048アルファレコード
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL 20022ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
8thJive Jive1983年11月30日日本30cmLPALR-28052アルファレコード
1984年1月25日12cmCD38XA-8
1987年1月25日32XA-113
1992年3月21日ALCA-280
1994年6月29日ALCA-9010
1998年7月23日ALCA-9205
2002年1月23日VRCL-2210デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2230ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20012ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
BESTThe Soundgraphy1984年4月25日日本30cmLPALR-28055アルファレコード
1984年5月25日12cmCD38XA-12
1987年1月25日32XA-116
1992年3月21日ALCA-281
1994年6月29日ALCA-9011
1998年7月23日ALCA-9206
2000年12月6日デジタルリマスター
12cmCD
TOCT-10752東芝EMI
2002年1月23日VRCL-2211ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2231ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20013ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
9thDown Upbeat1984年10月25日日本30cmLPALR-28052アルファレコード
12cmCD38XA-25
1987年1月25日32XA-119
1992年3月21日ALCA-282
1994年6月29日ALCA-9012
1998年7月23日ALCA-9207
2002年1月23日VRCL-2212デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年2月14日VRCL-2232ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20014ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
10thHALLE1985年9月10日日本30cmLPALR-28071アルファレコード
カセットALR 28071
12cmCD32XA-38
1992年3月21日ALCA-283
1994年6月29日ALCA-9013
1998年7月23日ALCA-9208
2002年2月20日デジタルリマスター
12cmCD
VRCL-2213ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2233ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20015ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
LIVECASIOPEA LIVE1985年12月21日日本12cmCD32XA-48アルファレコード
1992年3月21日ALCA-284
1994年6月29日ALCA-9014
1998年7月23日ALCA-9209
2002年2月20日デジタルリマスター
12cmCD
VRCL-2214ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2234ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20016ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
BESTLanding to Summer1986年6月25日日本12cmCD32XA-78アルファレコード
11thSUN SUN1986年9月10日日本30cmLPALR-28085アルファレコード
カセットALR-28085
12cmCD32XA-90
1992年3月21日ALCA-285
1994年6月29日ALCA-9015
1998年7月23日ALCA-9210
2002年2月20日VRCL-2215デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2235ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20017ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
LIVECASIOPEA PERFECT LIVE II1987年7月10日日本30cmLPALR-40005/6アルファレコード
12cmCD48XA-167/8
BESTFUNKY SOUND BOMBERS1987年9月1日日本30cmLPALR-28100アルファレコード
カセットALR-28093
12cmCD32XA-172
BESTツイン・ベストVOL.11987年11月28日日本12cmCD50XA-181/2アルファレコード
BESTツイン・ベストVOL.2日本12cmCD50XA-183/4アルファレコード
BEST決定版 カシオペア ベストセレクション1990年9月11日日本12cmCDALCA-76アルファレコード
REMIXCASIOPEA IN THE '90S THE TAAVI MOTE REMIX1991年5月21日日本12cmCDALCA-135アルファレコード
REMIXCASIOPEA-RECALL CUTS U.K.REMIX1993年2月21日日本12cmCDALCA-459アルファレコード
POLYDOR / AURA[注 10]
12thPLATINUM1987年9月1日日本30cmLP28MX-2544POLYDOR / AURA
12cmCDH33P-20176
1992年6月1日POCH-1221
2009年6月24日SHM-CDUPCY-6538ユニバーサルミュージック
2017年6月21日UPCY-9700
13thEUPHONY1988年4月25日日本30cmLP28MX-2549POLYDOR / AURA
12cmCDH33P-20241
1992年6月1日POCH-1222
2009年6月24日SHM-CDUPCY-6539ユニバーサルミュージック
2017年6月21日UPCY-9701
LIVEWORLD LIVE '881988年11月25日日本30cmLP28MX-2555POLYDOR / AURA
12cmCDH33P-20285
1992年6月1日POCH-1223
2009年6月24日SHM-CDUPCY-6540ユニバーサルミュージック
2017年6月21日UPCY-9702
BESTTHE LAST MEMBERS1990年6月1日日本12cmCDPOCH-1012POLYDOR / AURA
BESTBEST OF BEST1990年10月25日日本12cmCDPOCH-1029POLYDOR / AURA
BESTMemory1991年12月21日日本12cmCDPOCH-1113POLYDOR
BESTCASIOPEA AND JIMSAKU1996年8月25日日本12cmCDPOCH-1585/6POLYDOR
PIONEER LDC[注 10]
14thThe Party AUDIO STACK1990年6月25日日本12cmCDPICL-1006PIONEER LDC
カセットPITL-1006
2006年7月26日12cmCDUPCY-6538GENEON ENTERTAINMENT
15thFULL COLORS1991年5月25日日本12cmCDPICL-1016PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1077GENEON ENTERTAINMENT
16thactive1992年5月25日日本12cmCDPICL-1036PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1078GENEON ENTERTAINMENT
LIVEWE WANT MORE1992年8月25日日本12cmCDPICL-1039PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1079GENEON ENTERTAINMENT
BESTAGURI SUZUKI selected for F-11993年5月25日日本12cmCDPICL-1054PIONEER LDC
LIVEMADE IN MELBOURNE1994年3月23日日本12cmCDPICL-1070PIONEER LDC
LIVEFINE LIVE ANTHOLOGY1994年12月21日日本12cmCDPICL-1097PIONEER LDC
LIVEFINE2 LIVE ANTHOLOGY1995年10月25日日本12cmCDPICL-1108PIONEER LDC
BESTSchedir1996年9月25日日本12cmCDPICL-1131PIONEER LDC
BESTBest Selection1999年6月23日日本12cmCDPICL-1185PIONEER LDC
2006年3月22日GNCL-1051GENEON ENTERTAINMENT
アルファレコード[注 10]
アルファミュージック[注 10]
17thDRAMATIC1993年5月21日日本12cmCDALCA-487アルファレコード
1994年6月29日ALCA-9016
2002年2月20日VRCL-2216デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2236ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20018ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
18thANSWERS1994年5月25日日本12cmCDALCA-1001アルファミュージック
2002年2月20日VRCL-2217デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2237ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20019ソニー・ミュージックダイレクト紙ジャケット仕様
コンピレーションHEARTY NOTES1994年8月24日日本12cmCDALCA-5007アルファミュージック
2002年2月20日VRCL-2218デジタルリマスター
12cmCD
ヴィレッジ・レコードダイレクトストリームデジタル
紙ジャケット仕様
2002年3月13日VRCL-2238ダイレクトストリームデジタル
2009年5月27日Blu-spec CDMHCL-20020ソニー・ミュージックダイレクトダイレクトストリームデジタル
Blu-spec CD
紙ジャケット仕様
BESTWork in1995年3月22日日本12cmCDALCA-5031アルファミュージック
LIVEWork out日本12cmCDALCA-5032アルファミュージック
BESTSUPER BEST OF CASIOPEA1996年8月28日日本12cmCDアルファミュージック
1997年7月24日日本12cmCDALCA-5188/9
BEST20TH ANNIVERSARY BEST1999年11月26日日本12cmCDTOCT-24254/55アルファミュージック
ポニーキャニオン[注 10]
セルフカバー[注 11]ASIAN DREAMER1994年12月16日日本12cmCDPCCR-00129ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50009デジタル・ダウンロードでも配信されている。
19thFreshness1995年5月19日日本12cmCDPCCR-00150ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50010デジタル・ダウンロードでも配信されている。
20thFlowers1996年9月20日日本12cmCDPCCR-00230ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50011デジタル・ダウンロードでも配信されている。
21stLight and Shadows1997年9月3日日本12cmCDPCCA-01123ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50012デジタル・ダウンロードでも配信されている。
22ndBe1998年9月18日日本12cmCDPCCR-00285ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50013デジタル・ダウンロードでも配信されている。
23rdMATERIAL1999年5月19日日本12cmCDPCCR-00304ポニーキャニオン
2008年11月19日HQCDPCCR-50014デジタル・ダウンロードでも配信されている。
BESTGOLDEN☆BEST〜Pony Canyon Years2011年5月18日日本12cmCDPCCA-03399ポニーキャニオン
BESTThe Premium Best2013年10月16日日本12cmCDPCCR-00576ポニーキャニオン
PIONEER LDC[注 10]
LIVE20th2000年2月23日日本12cmCDPICL-1199PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1080GENEON ENTERTAINMENT
24thBitter Sweet2000年6月14日日本12cmCDPICL-1206PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1081GENEON ENTERTAINMENT
25thMAIN GATE2001年7月11日日本12cmCDPICL-1219PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1082GENEON ENTERTAINMENT
CD BOXLimited Editional Collectors BOX2001年12月12日日本12cmCDPICL-1185PIONEER LDC
26thINSPIRE2002年7月17日日本12cmCDPICL-1257PIONEER LDC
2006年7月26日GNCL-1083GENEON ENTERTAINMENT
27thPLACES2003年7月2日日本12cmCDPICL-1276PIONEER LDC
2006年7月26日PCCR-50013GENEON ENTERTAINMENT
ヴィレッジミュージック[注 10]
SINGLE BESTCASIOPEA“SINGLE”COLLECTION2001年12月19日日本12cmCDVRCL-2239ヴィレッジ・ミュージック
LIVECASIOPEA VS THE SQUARE LIVE2004年9月23日日本Super Audio CD HYBRIDVRCL-10003ヴィレッジ・ミュージック
2009年12月23日Blu-spec CDVRCL-20010Sony Music Direct / GT music
ユニバーサルミュージック[注 10]
COMPILATIONLIVE & MORE2004年1月28日日本Super Audio CDUIGZ-7005ユニバーサルミュージック
BESTGOLDEN☆BEST2004年6月2日日本12cmCDUPCY-6005ユニバーサルミュージック
GENEON ENTERTAINMENT[注 10]
28thMARBLE2004年11月25日日本12cmCDGNCL-1015GENEON ENTERTAINMENT
LIVEGIG 252005年2月25日日本12cmCDGNCL-1018GENEON ENTERTAINMENT
29thSIGNAL[注 12]2005年12月21日日本12cmCDGNCL-1041GENEON ENTERTAINMENT
BESTBest Studio Selections〜GENTLE & MELLOW2006年6月28日日本12cmCDGNCL-1070GENEON ENTERTAINMENT
LIVEBest Live Selections〜GROOVE & PASSION日本12cmCDGNCL-1071GENEON ENTERTAINMENT
COMPILATIONCASIOPEA Plays Guitar MINUS ONE BITTER SWEET2007年11月7日日本12cmCDGNCT-1001GENEON ENTERTAINMENT
CASIOPEA Plays Guitar MINUS ONE MARBLEGNCT-1004
CASIOPEA+Sync DNA Plays Guitar MINUS ONE SIGNALGNCT-1005
Sony Music Direct / GT music[注 10]
CD BOXCASIOPEA Debut30th Anniversary Legend of CASIOPEA2009年5月27日日本Blu-spec CD+DVDMHCL-20003/28Sony Music Direct / GT music
BESTBEST OF CASIOPEA -Alfa Collection-2009年10月14日日本12cmCDMHCL-1617Sony Music Direct / GT music
LIVING ON A FEELING〜CASIOPEA Night SelectionMHCL-1618
BESTULTIMATE BEST〜Early Alfa Years2012年4月25日日本Super Audio CD HYBRIDMHCL-10098Sony Music Direct / GT music
LIVECASIOPEA recorded LIVE and BEST〜Early Alfa Years2013年8月21日日本Super Audio CD HYBRIDMHCL-10105Sony Music Direct / GT music
カルチュア・コンビニエンス・クラブ[注 10]
BESTSuper Best2011年12月21日日本12cmCDWMP-60066カルチュア・コンビニエンス・クラブ
HATS UNLIMITED[注 10]
CASIOPEA 3rd名義
LIVELIVE LIFTOFF 20122013年4月17日日本Blu-spec CD2+DVDHUCD-10135〜6/BHATS UNLIMITED
1stTA・MA・TE・BOX2013年11月20日日本Blu-spec CD2, DVDHUCD-10149/BHATS UNLIMITED
LIVETA・MA・TE・BOX TOUR〜CASIOPEA 35th Anniversary LIVE CD2014年7月16日日本Blu-spec CD2, DVDHUCD-10160~1HATS UNLIMITED
2ndA・SO・BO2015年4月22日日本Blu-spec CD2, DVDHUCD-10182/BHATS UNLIMITED
LIVEA・SO・N・DA〜LIVE CD2016年3月16日日本Blu-spec CD2HUCD-10210/11HATS UNLIMITED
3rdI・BU・KI2016年7月27日日本Blu-spec CD2, DVDHUCD-10221/BHATS UNLIMITED
4th A・KA・RI 2018年7月18日 日本 Blu-spec CD2 HUCD-10263 HATS UNLIMITED
HATS UNLIMITED[注 10]
CASIOPEA/CASIOPEA 3rd名義
BESTVESTIGE -40th HISTORY ALBUM-2017年7月19日日本Blu-spec CD2HUCD-10243/5HATS UNLIMITED

LD/VHS

  • CASIOPEA LIVE (1985年)
  • CASIOPEA PERFECT LIVE II (1987年)- いずれも後に音源化され発売された作品。詳細はALBUMの項を参照。
  • JOIA (1989年)

DVD

  • VINTAGE 2002(2003年)
  • CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!!(2004年)
  • the way of CASIOPEA(2004年)
  • 5 STARS LIVE(2005年)
  • CASIOPEA 3rd/LIVE LIFTOFF 2012(2012年12月26日、HATS UNLIMITED)
  • A・SO・N・DA〜A・SO・BO TOUR 2015〜 (2015年12月9日、HATS UNLIMITED)
  • Both Anniversary Gig 『4010』(2018年5月9日、HATS UNLIMITED)


脚注

注釈

  1. 本人および所属のカシオペアの公式ページのプロフィールにおいて生年非公表。
  2. CASIOPEA with Synchronized DNAの共作名義。
  3. 脱退後の小池は、杉真理&レッドストライプスのメンバーなどを経て、ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)に就職。所属のビートたけし岩崎宏美の担当ディレクターとなる。後年、ビクター小池の名でビートたけし出演番組に度々出るようになる。
  4. 2枚目のアルバム『SUPER FLIGHT』制作後に話し合いが持たれて決まるが、すぐに脱退したわけではなく、その後に決まっていたライブツアーなどのスケジュールには佐々木は参加していた。カシオペアはこの間に次のドラマーである神保彰と巡り逢った[2]
  5. 一度目は1981年に当時の所属レコード会社のアルファ・レコードがアメリカに現地法人のレコード会社のアルファ・アメリカを作ってそこから最初にアルバム『EYES OF THE MIND』と続けてアルバム『MAKE UP CITY』(日本では先に制作されて発売されたが、アメリカでは『EYES OF THE MIND』の後からとなった)を発売したこと。二枚ともチャートに載るくらいのセールス記録を上げて一応の成功を見せたが、翌1982年にアルファ・アメリカが資金難に陥り、アメリカ市場から撤退を余儀なくされたことで、継続したレコードリリースが出来なくなり、カシオペアのアメリカ進出もそのまま自然消滅してしまった。
  6. 1997年当時、神保は櫻井哲夫との双頭ユニットのジンサクがまだ活動中だった。しかし、以前に比べて互いの個人活動が多くなっていた時期で、翌1998年2月にジンサクは解散した。
  7. 2013年からは一部メンバーを入れ替えた「向谷実とチャージ&バックス」名義となって同様の活動をしている。
  8. 2009年に櫻井哲夫と互いにデビュー30周年を記念した双頭ユニット、ペガサスでは互いのカシオペアの自作曲を幾つも演奏していた。
  9. ちなみにT-SQUAREの所属レコード会社でもある。また、2002年には「Village DSD Mastering Series」として、ヴィレッジからアルファレコード時代のCDがT-SQUAREと共に同社からリマスター再発されていた。
  10. レーベルは、初版でリリースされたものに従う。
  11. 公式では、ベストアルバムとして位置付けられている。
  12. CASIOPEA + Synchronized DNA名義。

出典

  1. 野呂出演番組『GUITAR STORIES 情熱のスーパーギタリスト列伝』(TwellV、2011年放送)で野呂自らが発言
  2. 向谷実『フュージョン狂時代 ワールドツアー雑記帳』ヤマハミュージックメディア、1995年、。ISBN 4-636-20931-1。
  3. 『CASIOPEA vs THE SQUARE』内「SPECIAL TALK」。

関連項目

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.