オープンデータベースライセンス

オープンデータベースライセンス(英語: Open Database License、ODbL)とはユーザーによる自由な共有、改変や、他人と同じ自由を保持しながらデータベースを使用できるようにする継承ライセンス契約である[1]

ODbLを開発したのはオープンナレッジ財団オープンデータコモンズである[2]

2012年9月にオープンストリートマップ(OSM)はクリエイティブ・コモンズライセンスからODbLにライセンスを移行した[3]

脚注

  1. Open Database License (ODbL) v1.0”. Open Data Commons. 2011年7月2日閲覧。
  2. Open Data Commons - About”. Open Data Commons. 2011年7月2日閲覧。
  3. OpenStreetMap data license is ODbL”. OpenStreetMap Foundation. 2012年9月17日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.