オーストラリア自由党

オーストラリア自由党(オーストラリアじゆうとう、英語Liberal Party of Australia, オランダ語: Liberale Partij van Australië)は、オーストラリア中道右派政党である[7]。現在の党首はスコット・モリソンen:Scott Morrison)。

オーストラリア政党
オーストラリア自由党
Liberal Party of Australia
Liberale Partij van Australië
党首 スコット・モリソン
成立年月日 1945年8月31日
本部所在地 キャンベラ
代議院議席数
61 / 151   (40%)
(2020年11月17日現在)
元老院議席数
31 / 76   (41%)
(2020年11月17日現在)
党員・党友数
50,000[1]
(2019年)
政治的思想・立場 中道右派[2]
自由保守主義[3]
保守自由主義[4]
古典的自由主義[5]
公式カラー     
国際組織 国際民主同盟[6]
公式サイト liberal.org.au

概要

1943年の連邦選挙の翌年に統一オーストラリア党United Australia Party)を衣替えする形で生まれた自由党は、オーストラリア労働党二大政党として対峙している。中道右派政党の国際組織、国際民主同盟に加盟している。

地方農家を支持基盤とする中道右派政党のオーストラリア国民党と、連邦および州において、保守連合と呼ばれる連合を組む場合が多い。この連合は野党のときも継続する場合が多い。オーストラリアの連邦政治において保守連合は、1996年~2007年の11年間、与党であったが、2007年11月24日投開票が行われた下院総選挙に敗北し、1983年~1996年以来の野党に転落した。2010年8月21日の総選挙でも大接戦の末、労働党に敗北を喫した。

2013年9月7日の総選挙で労働党に圧勝し、政権与党に返り咲いた。 2016年7月2日の下院総選挙でも、国民党と保守連合を組んで過半数を維持した[8]

歴代党首

選挙結果

代議員選

獲得議席 増減 得票数 得票率 位置 党首
1946
15 / 76
15 1,241,650 28.58% 野党 ロバート・メンジーズ
1949
55 / 121
40 1,813,794 39.39% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1951
52 / 121
3 1,854,799 40.62% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1954
47 / 121
5 1,745,808 38.31% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1955
57 / 122
10 1,746,485 39.73% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1958
58 / 122
1 1,859,180 37.23% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1961
45 / 122
13 1,761,738 33.58% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1963
52 / 122
7 2,030,823 37.09% 過半数与党 ロバート・メンジーズ
1966
61 / 124
9 2,291,964 40.14% 過半数与党 ハロルド・ホルト
1969
46 / 125
15 2,125,987 34.77% 過半数与党 ジョン・ゴートン
1972
38 / 125
8 2,115,085 32.04% 野党 ウィリアム・マクマホン
1974
40 / 127
2 2,582,968 34.95% 野党 ビリー・スネデン
1975
68 / 127
28 3,232,159 41.80% 過半数与党 マルコム・フレーザー
1977
67 / 124
1 3,017,896 38.09% 過半数与党 マルコム・フレーザー
1980
54 / 125
13 3,108,512 37.43% 過半数与党 マルコム・フレーザー
1983
33 / 125
21 2,983,986 34.36% 野党 マルコム・フレーザー
1984
45 / 148
12 2,951,556 34.06% 野党 アンドリュー・ピーコック
1987
43 / 148
2 3,175,262 34.41% 野党 ジョン・ハワード
1990
55 / 148
12 3,468,570 35.04% 野党 アンドリュー・ピーコック
1993
49 / 147
6 3,923,786 37.10% 野党 ジョン・ハワード
1996
75 / 148
26 4,210,689 38.69% 過半数与党 ジョン・ハワード
1998
64 / 148
11 3,764,707 33.89% 過半数与党 ジョン・ハワード
2001
68 / 150
4 4,244,072 37.40% 過半数与党 ジョン・ハワード
2004
74 / 150
5 4,741,458 40.47% 過半数与党 ジョン・ハワード
2007
55 / 150
20 4,546,600 36.60% 野党 ジョン・ハワード
2010
60 / 150
[注 1]
5 3,777,383 30.46% 野党 トニー・アボット
2013
74 / 150
[注 2]
14 4,134,865 32.02% 過半数与党 トニー・アボット
2016
60 / 150
[注 1]
14 3,882,905 28.67% 過半数与党 マルコム・ターンブル
  1. Including the 15 LNP MPs who sit in the Liberal party room.
  2. Including the 16 LNP MPs who sit in the Liberal party room.

脚注

  1. Crowe, David (2019年2月21日). “The incredibly shrunken Liberal Party and its structural challenge” (英語). The Sydney Morning Herald. https://www.smh.com.au/politics/federal/the-incredibly-shrunken-liberal-party-and-its-structural-challenge-20190221-p50z9r.html 2020年4月19日閲覧。
  2. “Interview with Barrie Cassidy, Insiders, ABC” (英語). Liberal Party of Australia. (2016年8月28日). https://www.liberal.org.au/latest-news/2016/08/28/interview-barrie-cassidy-insiders-abc 2017年6月16日閲覧。
  3. Nicole A. Thomas; Tobias Loetscher; Danielle Clode; Mike Nicholls (2012). “Right-Wing Politicians Prefer the Emotional Left”. PLOS ONE 7 (5): 4. Bibcode: 2012PLoSO...736552T. doi:10.1371/journal.pone.0036552. PMC: 3342249. PMID 22567166. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3342249/. "The Liberal Party of Australia has an ideology in line with liberal conservatism and is therefore right of centre."
  4. Peter Starke; Alexandra Kaasch; Franca Van Hooren (2013). The Welfare State as Crisis Manager: Explaining the Diversity of Policy Responses to Economic Crisis. Palgrave Macmillan. p. 191. ISBN 978-1-137-31484-0. https://books.google.com/books?id=BtMQsESYcWwC&pg=PA191
  5. Liou, Kuo-Tsai (1998). Handbook of Economic Development. CRC Press. p. 357. ISBN 978-1-4616-7175-6. https://books.google.com/books?id=cxxJkKYAzioC&pg=PA357
  6. IDU Member Parties 2019.11.21閲覧。
  7. “Interview with Barrie Cassidy, Insiders, ABC” (英語). Liberal Party of Australia. (2016年8月28日). https://www.liberal.org.au/latest-news/2016/08/28/interview-barrie-cassidy-insiders-abc 2017年6月16日閲覧。
  8. 豪州総選挙、野党・労働党が敗北宣言 CNN(2016年7月10日)2017年10月28日閲覧

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.