オーシスト

オーシスト (oocyst) とは、原虫生活環におけるステージの1つ。接合子嚢成熟卵嚢子とも呼ばれる。接合子の周囲に被膜、被殻が形成されたもの。接合子(ザイゴート)がオーシストを形成し、その内部にスポロシストスポロゾイトが形成される過程をスポロゴニーと呼ぶ。
クリプトスポリジウムのオーシストには塩素への耐性があり、上下水道や浄化槽等の衛生管理における塩素消毒程度では不活化されないことが多い。そのため、ろ過装置による物理的除去か、紫外線による処理が用いられる。

参考文献

  • 石井敏雄 『獣医寄生虫学・寄生虫病学(1)総論/原虫』 講談社サイエンティフィク 1998年 ISBN 4061537156
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104

関連項目

  • 原虫
  • クリプトスポリジウム
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.