オロチジン5'-一リン酸

オロチジン5'-一リン酸(オロチジン5'-いちリンさん、: Orotidine 5'-monophosphate)は、オロチジル酸とも呼ばれており、ウリジン一リン酸の生合成の最終中間体であるピリミジンヌクレオチドである[1]

オロチジン5'-一リン酸
識別情報
CAS登録番号 2149-82-8
PubChem 968
MeSH Orotidine+5'-monophosphate
特性
化学式 C10H13N2O11P
モル質量 368.191 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヒトにおいてはウリジン一リン酸合成酵素がオロチジン5'-一リン酸をウリジン一リン酸に変換する。もしウリジン一リン酸の合成に障害が起こるとオロト酸尿症が発症する。

脚注

  1. http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%81%E3%82%B8%E3%83%AB%E9%85%B8
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.