オルト酸

オルト酸(オルトさん、Ortho acid)は、一式のオキソ酸の中で最もヒドロキシル化されたオルトリン酸など)である。一般に、元素が複数のオキソ酸を形成できる時、これらは「オルト-」、「メタ-」または「ピロ酸」と呼ばれ、オルト酸がこれら3つの中で最もヒドロキシル化されている[1]

有機オルト酸は、一般構造RC(OH)3を持つヒドロキシル化されたカルボン酸という共通点がある。オルト炭酸(C(OH)4)は一般的にこの一員であると考えられる[2]。これらの化合物は不安定である。しかしながら、それらの対応するオルトエステル(RC(OR’)3)はまあまあの安定性を持ち、豊富な化学的知識が集積されている。相当する窒素化合物(有機オルト酸の酸素を窒素に置き換えたもの)も仮説上の存在に過ぎず、グアニジンが最も近い実在のアナログである。

脚注

  1. Prakash, Satya (1945). Advanced inorganic chemistry. New Delhi: S. Chand & Company Ltd.. p. 733. ISBN 9788121902632
  2. IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "ortho acids".

関連項目


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.