オリバー! (映画)

オリバー!』(Oliver! )は、1968年に製作されたイギリスアメリカ合作のミュージカル映画チャールズ・ディケンズの『オリバー・ツイスト』を原作にライオネル・バートが制作した同名ミュージカルの映画化作品である。

オリバー!
Oliver!
監督 キャロル・リード
脚本 ヴァーノン・ハリス
原作 チャールズ・ディケンズ
ライオネル・バート
製作 ジョン・ウルフ
出演者 マーク・レスター
オリヴァー・リード
音楽 ジョン・グリーン
ライオネル・バート
撮影 オズワルド・モリス
編集 ラルフ・ケンプレン
配給 コロンビア映画
公開 1968年9月26日
1968年12月10日
1968年10月5日
上映時間 153分
146分[1]
製作国 イギリス
アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[2]
興行収入 $16,800,000[2]
$40,000,000[2]

アカデミー賞作品賞監督賞など6部門を受賞した。『第三の男』などのサスペンスを得意としたキャロル・リード監督が初めて挑んだミュージカルでもある。

劇中歌の「Consider Yourself(気楽にやれよ、「オリバーのマーチ」とも)」「I'd Do Anything(なんでもやるさ)」「Oom-Pah Pah(ウン・パッパ)」などは、日本でも児童向けの日本語歌詞を当てられ、親しまれている。

あらすじ

ロンドン孤児院で暮らすオリバー・ツイストは運悪く孤児院を追放され、売られてしまう。お試しとして引き取られるものの、亡くなった母親の事でトラブルを起こしたことから、地下室に閉じ込められてしまうが窓から脱走する。

何日もかけて逃げ、何もないような田舎にたどり着く。ちょうど野菜を積んだトラックが通りかかり、野菜に紛れて乗車する。しかしトラックが着いた場所はロンドンの街だった。街を歩いていると汚い子供(腕利きドジャー)に出会い、その子の仲間の所で仲間にすると言い出すが、その集団はスリを仕事とする悪だった。

スリ集団を仕切ってる老人と世界的泥棒の密会シーンが出てくる。

スリ集団の仲間になったオリバーは初仕事に街へ行く。ドジャーと仲間がある貴族の財布をスルがバレてしまい、逃げ遅れたオリバーが捕まってしまう。アジトに戻ったドジャー達は老人にオリバーを置いて帰ったことを叱られる。(もしオリバーが全部話してしまえば自分たちが危ういから)泥棒も自分の首が危ないと悟り、オリバーを連れ戻すことを決意。

裁判にて目撃者により、無実と判決。貴族は償いをしたいといい、オリバーを家に案内する。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京
オリバー・ツイストマーク・レスター矢島晶子
ジャック・ドーキンズ
(ドジャー)
ジャック・ワイルド坂本千夏
フェイギンロン・ムーディー永井一郎
ビル・サイクスオリヴァー・リード大友龍三郎
バンブルハリー・シーコム
ナンシーシャニ・ウォリス山像かおり
ブラウンロージョセフ・オコナー小川真司
治安判事ヒュー・グリフィス
その他福田信昭
火野カチコ
佐々木梅治
片岡富枝
星野充昭
藤本譲
宝亀克寿
田中正彦
小山武宏
滝沢ロコ
水野龍司
石川寛美
山川亜弥
海老原英人
津村まこと
長谷川智子
東さおり
山崎依里奈
日本語版スタッフ
演出向山宏志
翻訳中村久世
調整重光秀樹
効果リレーション
担当別府憲治
松井まり
配給ソニー・ピクチャーズ
テレビジョン・ジャパン
プロデューサー久保一郎
具嶋朋子
制作テレビ東京
ケイエスエス
初回放送2000年1月9日
『20世紀名作シネマ』

受賞、ノミネート

第41回アカデミー賞

受賞

ノミネート

ゴールデン・グローブ賞

受賞

脚注

  1. 映画 オリバー!”. allcinema. 2012年2月16日閲覧。
  2. Oliver! (1968) - Box office / business (英語). IMDb. 2012年2月16日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.