オリオル・カレッジ (オックスフォード大学)

Oriel College (正式名称: The Provost and Scholars of the House of the Blessed Mary the Virgin in Oxford, commonly called Oriel College, of the Foundation of Edward the Second of famous memory, sometime King of England)[1], オリオル・カレッジ はオックスフォード大学の構成カレッジの1つで5番目に古いカレッジ、1324年創立。 オックスフォード、Oriel Square にある。 オックスフォードで最古の中世のホール Tackley's Inn を含む4つの中世からのホールを持つ。 

オリオル・カレッジ 正面玄関

建物とその周辺

ローズ像

ハイストリートに面した側には、正面玄関の上にセシル・ローズの像があり、その下にはエドワード7世ジョージ5世の像がある。碑文は"e Larga MVnIfICentIa CaeCILII rhoDes "とあり、これはローズの偉業を認めているだけでなく、1911年(MDCCCLLVIIIIII)の建設日を示すクロノグラムでもある[2]

この像は、2015年のローズ・マスト・フォール運動をきっかけとして、数年前から抗議の対象となっている。数日前にブリストルのエドワード・コルストンの像が引き倒された事を受けて、2020年6月にも何百人もの抗議者が撤去を要求した。像はジョージ・フロイドの死をきっかけに起きた抗議活動の間に標的にされていた[3]

ノーベル賞受賞者(卒業生及び所属研究者)

教職員

参照: Fellows of Oriel College

脚注

  1. Oxford University Calendar 2005-2006 (2005) — Oxford University Press ISBN 0199283702
  2. Morris, Jan (2001) [1965]. Oxford. Oxford: Oxford University Press, p. 221.
  3. “Cecil Rhodes: Protesters demand Oxford statue removal”. BBC News. (2020年6月9日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-oxfordshire-52975687 2020年6月9日閲覧。


外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.