オペラグローブ

オペラグローブ(opera gloves)とは、イブニングドレスウェディングドレスなどの女性用礼服として着用される長手袋「イブニンググローブ」(en:evening gloves)の一種で、その中でも特に丈が長くを超えるものであり、上腕もしくはそれ以上(脇の下付近)まで至る手袋のことである。

子山羊の革製の白の長手袋
純白のイブニングドレスサテンのオペラグローブ

西洋の礼服の多くはキリスト教における儀礼用の衣装に由来しており[1]、特に、戒律に厳しく儀式が重んじられるキリスト教最大の教派であるカトリック教会では肌の露出を抑えることが求められた[2]。その流れを受け白人主流派の先進国であるアングロサクソン諸国では公式行事や上流階級社交界においても夜礼服などの半袖もしくは袖のないノースリーブのドレスは肘上まである長い手袋が着用されるようになり[3]、日本の皇室でもそれを模範としたドレスコードが採用されている[4]

そのため、神聖厳格な場における正装としての意味合いが強く[5]清楚淑女洗練された装いとされる。

概要

ファッションアクセサリーとしての起源は、中世ヨーロッパにおける王族貴族等の高貴貴婦人礼拝時のスタイルや、そこから発展したフォーマルウエアであり[6]、現代においてもそのファッション性は高く[7][8]オートクチュールファッションウィークモード系ファッション写真結婚式のウェディングドレス[9]などにおいて淑女としての品格と華美を誇示するための象徴となる性格が強い[10][11][12][13]

ドレスコードの最上位グレードである「ホワイトタイ」では、女性は床丈のイブニングドレスと白の長手袋を着用することが規定されている[14][15][16][17]。また、イブニングドレスの一種であり、女性の最も正式な礼装として扱われるローブ・デコルテでは、ドレスと合わせオペラグローブを着用する[18]のが正式なマナーである[19][20][21]

素材は革製が正式とされているが、ドレスに合わせてシルクサテンオーガンジーレースなどもある。

解説

白色のオペラグローブをつけたナンシー・レーガン
黒のオペラグローブを着用しているダイアナ妃
オペラボール(舞踏会)にて、純白のイブニングドレスと白のオペラグローブを着用するデビュタント(参加者)

歴史

手袋の歴史では少なくとも古代ギリシア時代に遡る。紀元前440年に書かれたヘロドトスの著書「歴史」の中に、ガントレット一杯の銀貨を賄賂として受け取った罪に問われていることが記述されている。また、古代ローマ人の記述の中にも、度々手袋が登場し、中には西暦100年前後に活躍した小プリニウスによると、大プリニウスは馬車に乗車中に口述筆記させていた速記者に冬の間は手袋を着用させ寒さの中でも文章を書ける様にしていたという記述がある。そしてファッション、儀式、それに宗教の為に手袋は用いられる。13世紀頃からヨーロッパの貴婦人の間でファッションとしてリネンで出来た手袋を着用する様になり、時として肘まである手袋が広まった。

刺繍宝石で装飾された手袋は皇帝徽章の一部となり、1189年にヘンリー2世が埋葬された時には、戴冠式の時に着用したローブと王冠、そして手袋と共に埋められたと、マシュー・ペリーは記録している。1797年にイングランド王のジョンの墓を開いた時、それに1774年にエドワード1世の墓を開いた時にも手袋が発見されている。

宗教においても祭服としての手袋は、主に教皇枢機卿僧侶達が着用し、教義によりミサを祝う時のみ着用を許されている。この習慣は10世紀に遡り、儀式の際に手をキレイにしておきたいという単純な欲求が始まりかもしれないが、特権階級として豊かになった聖職者達が己の身を飾るために着けた事が始まりとも考えられる。そして、フランク王国からローマにこの習慣は広まり、11世紀の前半にはローマでも一般的になった[22]

英国では、1690年代のメアリー女王の現存する彫刻には、肘の長さの手袋を着用していることが示されている。16世紀に手袋を着用していると記録された最初の女性はエリザベス1世女王とキャサリンデメディチなどの王族だった。エリザベス1世(英)が宝石刺繍レースで豪華に装飾されたものを着用した時に手袋の流行は頂点に達した。ビクトリア朝時代(1837-1901)には、どんな社会階級の女性も多くの手袋を持っており、公共の場で手袋を着用することは靴を着用することと同じくらい必須であると見なされ、カジュアルな場面とフォーマルな場面のためにさまざまな手袋が利用された[23]

貴族や王族と密接に関連しており、手袋は数千年の王族権威象徴とされ、多くの架空の女王王女貴族はドレスの一部としてそれらを身に着けているように描かれている[24]。17世紀には婦人服の袖丈が短くなったことに応じて肘丈までの長い手袋が現れ、それが18世紀まで続き、豊かなレースで飾られたキッドや絹の手袋が用いられた。19世紀初期には婦人服の袖がいっそう短くなったことによって、手袋は肘丈かさらに長い丈で腕に密着したシンプルなものが現れ、袖なしの正装には現在もそれが使われる習慣となった[25]。19世紀の貴族は1日に何度も手袋を取り換えた。午後の外出には馬用の短い手袋を着用し、女性は夜会ではオペラグローブを着用した。手袋は絹、綿、革などで作られ、その多くが白かった。白い手袋はすぐに汚れるのでたくさん所有し頻繁に取り換えなければならなかった[26]。そのようなことができた裕福な白人女性の手は青白く[27]日焼けした黒い手は労働者階級に所属することを意味したため、貴族のである美しい白い手を保持するための手袋は優雅さと真の女性の象徴となった[28]

日本では、鎌倉時代の「篭手」として発達した。当時は手覆(ておおい)とも呼ばれた。15~16世紀に南蛮貿易によって西洋式の手袋が輸入され珍重された。やがて国内生産も始まり、手袋作りは貧乏武士内職として盛んになっていく。「手袋」は俳句における“冬の季語”でもある。

現代

キリスト教文化圏の中でも白人主流派の先進国である西欧諸国、アメリカカナダオーストラリアニュージーランドなどのアングロ・サクソン諸国において礼拝結婚式[29]および葬式などの礼式が重んじられる神聖な場所、また、社交界におけるハイソサエティ貴婦人正装として用いられることが多く、その長さはマント・ド・クールウェディングドレストレーンと同様でフォーマル性や品格の指標となる[30]。一般的にドレスのが無い(ノースリーブ)か短い場合は長い手袋を、長袖の場合は短い手袋を着用する[31]。また、スカートが長くなるにつれて手袋も長くなり、フルレングスのドレスはオペラやそれ以上の長さになる[32]

英国では、イブニングドレスの最高礼装とされるローブ・デコルテにはオペラグローブを併せて清楚な装いに仕上げる[33][34][35]ダイアナ妃が1985年にアメリカを訪れた際に披露された黒のローブ・デコルテとオペラグローブのルックスが話題となった[36]。 由緒正しい正装として着用されるため派手な色合いのものは少なく、シックな色あい(白もしくは黒)のものが多い[37]。なお、グローブの質感はドレスと合わせることを基本とする[38][39]。ドレスの袖と同じ色のグローブは腕を細長く魅せる効果があり、対照的な色は逆効果である[40][41]

オーストリアウィーン国立歌劇場で行われるヨーロッパで最も格式高いダンスパーティーの一つであるオーパンバル(en:Vienna Opera Ball)と呼ばれる上流階級貴族の若き女性[42][43][44][45](デビュタント)[46]が集う舞踏会[47]では、服装は純白(オフホワイトアイボリーなどは不可[48])のイブニングドレスと併せ白のオペラグローブの着用が義務付けられており[49][50][51]欧米諸国に多数存在するその他のデビュタントボール(デビュタントの初舞台となる舞踏会)においても「手袋のないデビュタントはデビュタントでは無い」と言われるほど白の長手袋は重要なアイテムとなっている[52]。何世紀にもわたってデビュタントのスタイルとファッションは変化してきた。しかし、初期のイギリスから現代のアメリカのデビュタントまでずっと変わらないアイテムは白革製の肘上までのデビュタント手袋の着用であった。そのためデビュタントグローブは1世紀以上にわたって上流階級の女性らしさの最も重要なシンボルの1つとして認識されてきた[53]

日本では、女性皇族は常に白の手袋を携帯しているが、これは帽子と共にその貴族性を象徴する為の物である。令和元年に行われた「即位後朝見の儀」において皇后雅子によって着用されたことで注目を浴びた[54][55][56]旧皇族竹田恒泰著書「日本の礼儀作法~宮家のおしえ~」において、皇室晩餐会儀式などの特別に改まった場面においてローブ・デコルテと併せてオペラグローブを着用し、ティアラ(小さな王冠)を付けることを基本としており、宮中ではこれを女性の最上級礼装としている[57]、との旨を示している。皇太子徳仁親王成婚の際、皇太子妃雅子のローブ・デコルテを手がけたファッションデザイナー森英恵は「ローブ・デコルテは勲章をつけるためのドレスであり、肌を出し、皮の長い手袋を合わせる正装[58]と述べている。また、一般の結婚式においても、肌を隠す純白のグローブには「清楚」「無垢」という意味も込められ、特に伝統あるチャペルでの挙式では必須とされており[59]ウェディングドレスに併せて着用されることが多く[60][61][62][63]、手袋丈が長ければ長いほど格式の高いフォーマルなウェディングスタイル(厳かな正統派)とされている[64][65][66][67][68][69]

作法

防寒用の手袋は、室内に入りアウターを脱ぐとき同時に外すことがマナーであるが、オペラグローブはその限りではない[70]と同様にドレスの一部としてのグローブなので[71]、手袋を着用せずに人前に出ることはエチケット違反であり[72]、特に屋外のイベントでは常に手袋を着用する[73]ダンスパーティー握手したりダンスをしたり、キスをするよう手を差し出すときも着用したままとし[74]結婚式も同様であり、式典中は手袋を着用する。手袋は衣装の不可欠な部分と考える必要があり、基本的に常に着用し、外して持ち運ぶ癖をつけない[75]。ただし、食事、飲酒、喫煙、トランプ、化粧をするとき[76]、および結婚式の指輪交換のときは外す[77]

公式行事や正式なイベントでは手袋丈は肘を超える長さが必要であり[78][79]ホワイトタイでは肘より短い手袋を着用しない[80]アイボリーベージュなどは、オペラグローブの伝統的であり、オペラグローブを着用するほとんど全ての機会に適しているが、のオペラグローブは、純白のドレスパステルカラーガウンと一緒に着用しないこととし、濃い色の服の場合のみ着用する。ウェディングドレスについては、ドレス及びその附属するアクセサリーなどが白色を基調としているため、グローブの色もドレスの色を乱さないよう白色が標準である。手袋の上からブレスレットを装着することもあるが、指輪は着けない[81]

適性

ファッション写真のオペラグローブ

長身細身がほっそりと長い女性に良く似合う[82]ものであり、縦長効果によって腕がよりいっそう細く長く演出される[83][84][85][86]。そのため、背が低く腕が太く短い場合は不適であり、逆に腕の太さを強調してしまう[87][88][89][90]

また、「キューティーハニー」「セーラームーン」「プリキュア」「アイカツ」といったような強く気高い女性をテーマにしたアニメヒロインに着用されて描かれることが多い。さらに、黒革のオペラグローブは一本鞭ブーツなどと共に厳格な女性のシンボルとなることもある[91]

長さの呼称

肘上丈の手袋

女性礼服用の手袋の長さ区分の呼称は、一般的に短いものから順に「wrist length」(手首丈)→「middle length」(下腕丈)→「elbow length」(肘丈)→「long length」(上腕丈)→「shoulder length」(肩丈)、となっている。オペラグローブは「opera length gloves」(オペラの長さの手袋)と呼ばれ、これは「long length」や「shoulder length」などの最も長いものに相当する[92]。同様に長さやサイズの呼称として「opera」という言葉が用いられるファッション小物は他にも多数あり、ドレス,ネックレス,ブーツ,ストッキング(サイズ)等[93][94]がそうである。いずれも「opera length」や「opera size」と呼ばれる長さは最も長いものの区分に相当し、それらについては「opera」は「super long」や「queen size」と同意語となることが多い。なお「evening」の方は「evening length ~」といったような長さを示す用語として用いられることは殆どなく、まれに用いられる場合は「elbow length」(肘丈)程度のものであることが多い。

googleで「opera gloves」と検索すると「long gloves」も併せて関連検出され、その逆も検出される。「evening gloves」の場合は、「long」(長さ)ではなく「formal」(礼式区分)が関連検出される。「Opera Length Gloves」(オペラの長さの手袋)や「Opera Length Pearls」(オペラの長さの真珠)という英文節にも見られるように、ファッション小物では「オペラ」は「長さ」を示す用語として使われることが多い[95]

オペラグローブは、肘丈を超える長さであることが重要であり、肘より短い手袋を「イブニンググローブ」と呼ぶことはあるが「オペラグローブ」と呼ぶのは間違いである。[96][97]

また、グローブの長さを測る定規として「ボタン」が用いられる。これはフランスの測定システムで、手袋にボタンがあるかどうかに関係なく旧来設計における縦に並ぶボタンの数(ボタンのピッチはおおよそ1インチ(25.4mm))による長さに相当することが示される[98]。 オペラグローブと呼ばれる長さのボタン数の目安は16ボタン以上であり[99]、21ボタン以上は「most dramatic length」(最も劇的な長さ)と言われ[100]、肩のすぐ下まで届く。

演出作品

ギャラリー

出典

  1. 知っておきたい靴下とストッキングのマナー
  2. コトバンク:結婚式・ウェディング用語集の解説
  3. 日本大百科全書(ニッポニカ):手袋
  4. 皇室及び公式の場合の心得
  5. ドレスに身に着ける「ウエディンググローブ」の基礎知識
  6. 「モダリーナ」のイラスト図鑑:オペラ・グローブ
  7. サウジアラビアのデザイナー、アラー・バルヒーが手袋を再びオシャレなアイテムに
  8. Opera Gloves Are Fast Becoming Hollywood's Favorite Accessory
  9. 人気の長さやデザインは?ウエディンググローブの選び方
  10. HISTORY OF GLOVES
  11. Edwardian Opera Gloves
  12. Vintage Gloves
  13. NOW & THEN: THE HISTORY OF LADYLIKE GLOVES
  14. A reference for cotillion classes, dances, events, and other invitations
  15. WHITE TIE DRESS CODE FOR WOMEN
  16. White Tie Dress Code Rules For Women
  17. Six Easy Tips for Understanding Dress Codes and Knowing What to Wear
  18. 美しいマナー心得:小笠原敬承斎 慶事の服装3
  19. Hot'n Cool:長手袋 Opere Gloves
  20. 家庭画報:大人検定365「ローブデコルテ」とは?
  21. 作法心得 第4章-美容と服装 第21節-女子礼服の細部
  22. ロングの手袋を上手く使って上流階級のお嬢様やご婦人の様に!
  23. Victorian gloves: etiquette for use
  24. All The Tropes : Opera Gloves are ~
  25. ブリタニカ国際大百科事典:手袋:歴史
  26. コロナで再注目:石器時代からある手袋の意外な歴史
  27. Vintage Gloves History- 1900, 1910, 1920, 1930 1940, 1950, 1960
  28. HISTORY OF GLOVES
  29. How to choose your wedding gloves
  30. HISTORY OF GLOVES AND THEIR SIGNIFICANCE
  31. 作法心得 第4章-美容と服装 第26節-手袋
  32. The Delicate Art of the Evening Glove
  33. ルールを知り、アレンジを愉しむ!
  34. 「モダリーナ」のイラスト図鑑:ローブ・デコルテ
  35. デコルテとは?言葉の意味や美しいデコルテラインの特徴を紹介
  36. 家庭画報:大人検定365「ローブデコルテ」とは?
  37. History of gloves
  38. How to Wear Wedding Gloves
  39. Bridal-Glove-Tips
  40. Vintage glove etiquette
  41. WHY YOU SHOULD BE ACCESSORIZING WITH LADYLIKE GLOVES
  42. NPO みんなのオペラ
  43. ドイツのオーディオ市場
  44. The Curious History Of Debutante Balls That Most People Never Knew About
  45. Encyclopedia : Debutante Dress
  46. 世界屈指の令嬢たちが社交界デビュー! 毎年恒例の「ル・バル・デ・デビュタント」が開催
  47. ファッション業界が再注目。令嬢たちの社交界デビュー。
  48. Debutante Season: Rules and Rituals
  49. Curtseys over cursing: 'Debutante' examines old-fashioned ceremony and its attendant good manners
  50. Make Your Debut At The Vienna Opera Ball-Dresscode
  51. VIENNA BALL SEASON: EVERYTHING YOU EVER WANTED TO KNOW
  52. Curtseys over cursing: 'Debutante' examines old-fashioned ceremony and its attendant good manners
  53. History of Debutante Gloves
  54. 【画像】雅子様のドレスやティアラをご紹介!皇室の伝統が素敵すぎ
  55. 憧れのロイヤルスタイル:ローブ・デコルテドレスが流行の予感!
  56. 雅子さまの歴代ティアラとドレスファッション!デコルデとモンタントの違い
  57. 日本の礼儀作法~宮家のおしえ~
  58. 『グレイスフル・ウエディング 1994年春夏』12p
  59. ウェディンググローブのおすすめ人気ランキング10選
  60. スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
  61. ドレスに合わせたウェディンググローブの選び方と指輪の関係
  62. 素材・長さ別にご紹介!手元までこだわるウェディンググローブの選び方
  63. ドレス姿に欠かせないウェディンググローブについて
  64. 花嫁さんの必須アイテム*長さ別ウェディンググローブまとめ♡
  65. 意外と多いグローブ迷子さん。長さ・素材別にウェディンググローブの特徴を解説
  66. 結婚式で身に付けるグローブについて知っておきたい4つのこと
  67. ウェディングドレスに上品さをプラス。ウェディンググローブの選び方
  68. 上品で清楚なウェディンググローブ×ドレスの可愛いコーディネート♡
  69. ウェディンググローブの選び方講座
  70. 家庭画報:大人検定365 手袋は室内で外すべき?
  71. Why Melania Trump Wore Opera Gloves to the State Banquet
  72. Dress code: the meaning behind
  73. WEARING VINTAGE GLOVES
  74. Gloves and the Victorians: They Go Hand in Hand
  75. 20th Century Glove Etiquette
  76. Etiquette for Women's Gloves
  77. VINTAGE GLOVE ETIQUETTE
  78. 知らないと恥をかく冠婚葬祭のマナー常識p16:幸運社編集
  79. 美智子妃いじめの第一幕 婚約会見当時の「手袋事件」とは?
  80. Gloves Etiquette
  81. Opera Glove Etiquette
  82. ウェディンググローブの長さ・種類の選び方【ドレス・体型・式場別】
  83. ぴったりなグローブを選ぼう!ウェディンググローブの基礎知識
  84. 指輪交換時の裏技まで!【ウェディンググローブ】の全種類や選び方まとめ
  85. 人気はロングタイプ?ウェディンググローブの選び方
  86. How To Pick Bridal Gloves And Wedding Gloves Etiquette (You Must Know About)
  87. オペラグローブはIT!
  88. 【保存版】ウェディングドレスに必要な小物を安く買うコツと選び方
  89. 失敗しないウェディングドレスで使用するグローブの選び方
  90. ウェディンググローブの長さ(ショート・ロング)やオーガンジー・レース等人気は?
  91. VIENNESE OPERA BALL IN NEW YORK
  92. オペラ(ロンググローブ)~一番長いロンググローブ
  93. Stockings size chart
  94. Sizing info
  95. Dresssing for the Opera
  96. The "elbow-length or longer" part is the key
  97. The Art of Wearing Gloves - Part One
  98. Interesting Fun Facts About Black Opera Gloves
  99. Wedding Accessories - Gloves
  100. Fingerless Opera Length Gloves Etiquette of the Glove

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.