オクテット (コンピュータ)

オクテット: octet、8組の意味)は、コンピュータの、特に通信関係の分野などで、厳密には8ビット以外を指すこともある「バイト」の代わりに、必ず8ビットのことを指すものとして使われている語である。

「バイト」と違い、「オクテット」は必ず8ビットを意味するものであり、通信分野などでプロトコルなどを定義する際などに必要となる。

概要

オクテットの主要な使われ方には、IETFにより発行されるRFCがある。初期の例では1974年のRFC 635で、フランス語、フレンチカナディアン、ルーマニア語で、「8ビット」の意味で「オクテット」の語が「バイト」の代わりに一般的に使われており、「メガバイト (MB)」は「メガオクテット (Mo)」である。

コンピュータの歴史の初期には、「バイト」は「8ビット」の意味とは標準化されておらず、色々なマシンによって、異なる(比較的小さな)サイズの単位を表した。後にSystem/360マイクロコンピュータの普及によって、「1バイト = 8ビット」の処理系が普及した。そのため今日では「バイト」と「オクテット」はほぼ同義語だが、幾つかの大型コンピュータ(一部のメインフレームミニコンピュータなど)では、混乱を避けるための注意が必要である。

オクテットは8つのバイナリのビットのため、しばしば16進数10進数8進数で表現・表示される。8つのビットの全ての値がセットされる(オンになる)と「11111111」となり、これは16進数では「FF」、10進数では「255」、8進数では「377」となる。

オクテットはInternet Protocol (IPv4) コンピュータネットワークのアドレスでも使われている。それらは4オクテットのシリーズから構成されており、通常は10進数で、ドットで区切られて表示される。全ての8ビットのセットがオンになると、ネットワークアドレスの最大値となり(アドレスとしては正しくないが)「255.255.255.255」となる。

一覧

オクテットは、SI接頭辞または1998年IECによる標準化である2進接頭辞で使用することができる。

1 kibioctet (Kio)= 210 octets= 1,024 octets
1 mebioctet (Mio)= 220 octets= 1,024 Kio= 1,048,576 octets
1 gibioctet (Gio)= 230 octets= 1,024 Mio= 1,073,741,824 octets
1 tebioctet (Tio)= 240 octets= 1,024 Gio= 1,099,511,627,776 octets
1 pebioctet (Pio)= 250 octets= 1,024 Tio= 1,125,899,906,842,624 octets
1 exbioctet (Eio)= 260 octets= 1,024 Pio= 1,152,921,504,606,846,976 octets
1 zebioctet (Zio)= 270 octets= 1,024 Eio= 1,180,591,620,717,411,300,000 octets
1 yobioctet (Yio)= 280 octets= 1,024 Zio= 1,208,925,819,614,629,200,000,000 octets

10の冪乗単位で、SI接頭辞キロメガギガテラなどが以下のように付く。

1 kilooctet (ko)= 103 octets= 1,000 octets
1 megaoctet (Mo)= 106 octets= 1,000 ko= 1,000,000 octets
1 gigaoctet (Go)= 109 octets= 1,000 Mo= 1,000,000,000 octets
1 teraoctet (To)= 1012 octets= 1,000 Go= 1,000,000,000,000 octets
1 petaoctet (Po)= 1015 octets= 1,000 To= 1,000,000,000,000,000 octets

語源

オクテット」(8組との意味)は、ラテン語ギリシャ語の数字の「octo-」から来ている。

その他

Unix系オペレーティングシステムファイルシステムのドキュメントでは[1]ファイルパーミッション(リード、ライト、実行)として使われる3ビットの意味で、混乱した用語として「permission octet」[2]が、正しい「permission triplet」の代わりに時々使われているのが見られることがある。おそらく、パーミッションビットの意味が3桁ごとであることから多用される八進表現 (octal) との混同であろう。

参照

  1. Dhanjani, Nitesh (2003). Linux and UNIX Security Portable Reference. Hack Notes. McGraw-Hill Professional. pp. 146. ISBN 0072227869. http://books.google.com/books?id=Ly_C9AhR8K0C&pg=RA1-PA146&lpg=RA1-PA146&source=web&ots=CROzTt-MFC&sig=_Gp0C-5_7AkvAVtb5OCVLxx-ly0#PRA1-PA148,M1 2009年1月28日閲覧。
  2. System Administration Guide: Security Services”. docs.sun.com. サン・マイクロシステムズ, Inc. (2008年). 2009年1月28日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.