オクターブの法則

オクターブの法則(オクターブの法則)は、全音階(ダイアトニック・スケール)に和声を付けるための方法である。

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • オクターブの規則

通奏低音での一般的なやり方に由来しており、当時の慣行がよく現れている。オクターブの法則は partimento collections の「regole」(法則)の礎も気付いた[1]。「法則」とはいっても変型版がいくつかあり、ベースラインの上行と下行に異なる和音で異なる和声が付けられているのがふつうである。長音階および短音階に異なるバージョンが記録されている[2]。John Hiles による長音階を一例として挙げる。

楽譜は一時的に使用不能です。


出典

  1. Scale Steps”. faculty-web.at.northwestern.edu. 2016年7月4日閲覧。
  2. Regola dell'ottava”. faculty-web.at.northwestern.edu. 2016年7月4日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.