オオミツバチ

オオミツバチ(大蜜蜂、学名: Apis dorsata)とは、ハチ目(膜翅目)ミツバチ科ミツバチ属に属する昆虫

オオミツバチ
Apis dorsata
インドハイデラバード、2009年8月29日)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : ミツバチ上科 Apoidea
: ミツバチ科 Apidae
亜科 : ミツバチ亜科 Apinae
: ミツバチ族 Apini
: ミツバチ属 Apis
: オオミツバチ A. dorsata
学名
Apis dorsata
Fabricius, 1793
和名
オオミツバチ(大蜜蜂)
英名
giant honeybee
亜種
生息図

特徴

腹部は全体的に黄色で白の縞模様が入るが尖端は黒色である。ミツバチの一種だが、スズメバチに匹敵するほどの獰猛な性格である。

分布

主に東南アジアに分布する。日本国内には分布しない。

参考文献

関連項目

外部リンク

  • "Apis dorsata Fabricius, 1793" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2011年11月19日閲覧 (英語)
  • "Apis dorsata". National Center for Biotechnology Information (NCBI) (英語). (英語)
  • "Apis dorsata" - Encyclopedia of Life (英語)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.