エルンスト・レーマク

エルンスト・レーマクErnst Julius Remak, 1849年5月26日 - 1911年5月24日)は、ドイツの神経病理学者。

エルンスト・レーマク

ロベルト・レーマクの子。息子のロベルト・レーマクは数学者。

ベルリーンに生まれ、ブレスラウ大学ベルリン大学ヴュルツブルク大学シュトラースブルク大学ハイデルベルク大学で学び、1870年に医学博士号を取得。

1870年-71年の普仏戦争に従軍、森鷗外も学んだことのあるベルリン大学付属シャリテ病院(Charité Hospital)の助手となり、神経病理学者として自立、1877年に私講師、1893年に教授となる。

レマーク麻痺(型) Remak's paralysis (type)」、「レマーク反射 Remak's reflex, Remak Femoralreflex」、「レマーク症候(徴候) Remak's symptom (sign)」などに名前を残す。

レマーク(氏)反射とは、錐体路が損傷した際に、大腿の内側を摩擦すると、脚挙上・足背屈(が足の裏の方向に曲がる)反応を示すことである。

エルンスト・レーマクは、また医学雑誌に50件の論文を投稿、また「開業医のための電気診断法と電気療法の入門書 Grundriss der Elektrodiagnostik und Elektrotherapie für Praktische Ärzte(1895年ウィーン)」、カール・ノートナーゲル Carl Nothnagel の「特殊な病理学と治療法のハンドブック Handbuch der Speziellen Pathologie und Therapie(1900年)」の「神経炎と多発性神経炎 Neuritis und Polyneuritis」部分の作者でもある。


参考資料

Pagel, Biographie.

関連項目

外部リンク

 この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Singer, Isidore; et al., eds. (1901–1906). The Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls. |title=は必須です。 (説明)

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.