エルデネ・ゾー

エルデネ・ゾー( Erdene Zuu monasteryモンゴル語Эрдэнэ Зуу)は、モンゴルで最古の寺院。1585年、アブタイ・サイン・ハーンにより建立された。境内にある巨大な仏塔はソボルガン塔といい、堕落した僧侶たちを戒めるものといわれる。また、ラブラン・ゾーは18世紀に信者たちの寄進で完成した。カラコルム近郊にあり、世界遺産オルホン渓谷の一部となっている。

遠景
ラブラン・ゾー
仏陀像
ソボルガン塔
エルデネ・ゾー
エルデネ・ゾー
エルデネ・ゾー
Location within Mongolia
座標: 北緯47度12分06秒 東経102度50分36秒
寺院情報
所在地 モンゴル国ウブルハンガイ県
創設者 アブタイ・サイン・ハーン
創設 1585年
改築 1990年
宗教 チベット仏教
宗派 ゲルク派
修行僧数 150 +

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.