エドワード・オブ・ノリッジ

第2代ヨーク公エドワード・オブ・ノリッジ(Edward of Norwich, 2nd Duke of York 1373年 - 1415年10月25日)は、イングランドの王族。ヨーク公1402年 - 1415年)。エドワード3世の五男であるヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーの長男で、母はカスティーリャペドロ1世の娘イザベラノリッジで生まれたことからこの名で呼ばれる。

エドワード・オブ・ノリッジ
Edward of Norwich
第2代ヨーク公
在位 1402年8月1日 - 1415年10月25日

出生 1373年
イングランド王国ノリッジ
死去 1415年10月25日
フランス王国アジャンクール
埋葬 イングランド王国、フォザリンゲイ
配偶者 フィリッパ・ド・ムーン
家名 ヨーク家
父親 ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリー
母親 イザベラ・オブ・カスティル

生涯

ラトランド伯として
ヨーク公として
エドワード・オブ・ノリッジの紋章

1390年ラトランド伯位を与えられた。1397年にはオマール公とされたが1399年に剥奪され、1414年に再び与えられた。1402年、父の死によりヨーク公位を継承した。

1415年、アジャンクールの戦いで戦死した。2代ダンスター男爵ジョン・ド・ムーンの娘フィリッパと結婚していたが子がなかったため、弟ケンブリッジ伯リチャードの息子リチャード・プランタジネットが相続人となったが、幼年であったため一旦王領となった後、リチャードが成人となってから与えられた。

参考文献

  • Alison Weir, Britain's Royal Families, Vintage, 2008, p. 111
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.