エチオピア高原

エチオピア高原Ethiopian Plateau)はアフリカ大陸北東部にある高原アビシニア高原とも。平均標高が2,300キロメートルであるため、低緯度にもかかわらずきわめて居住に適した気候形態を要しており、エチオピアの人口と主要都市の大部分がこの高原に集中している。大地溝帯によって東西に二分され、狭義にはその西側をエチオピア高原、東側を東部高原と呼ぶ。

都市

地勢

高山気候に属しているため気温の年変化が少なく、温暖で居住に適している。最高峰はラス・ダシャン山の4,620メートルである。

農業

エチオピア高原のカッファ地方は、コーヒーの原産地とされており、現在もコーヒーの生産が盛んである。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.