エゾタヌキ

エゾタヌキ(蝦夷狸、学名Nyctereutes procyonoides albus)は、ネコ目イヌ科タヌキ属に属するタヌキの日本産亜種)。

エゾタヌキ
エゾタヌキ
おびひろ動物園提供 エゾタヌキ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目) Carnivora
: イヌ科 Canidae
: タヌキ属 Nyctereutes
: タヌキ N. procyonoides
亜種 : エゾタヌキ N. p. albus
学名
Nyctereutes procyonoides albus
和名
エゾタヌキ
英名
Raccoon Dog[1]

生息地域

生息地域は北海道の一部で[2]森林林縁[3]沼沢がある地域に生息する[1]奥尻島などの島に生息する本亜種は人為的に移入された個体である[4]

生態

体長は約50 - 60cm。尾長18cm。体重4 - 8kg[1]寿命は野生で6~8年、飼育下で約10年[1] 。個人飼育で16年[5]という記録がある。体毛の色は茶褐色。目の周りは黒い毛で囲まれており、左右は繋がっておらず離れている[1]は短く、を掘ることに適している。木登りは得意だが降りるのは下手。視力はあまりよくないが、夜行性なので暗所では見える。嗅覚は鋭く、嗅覚で餌を探し出して食べる。聴力と同程度と推考される[6]数は、切歯は上6本下6本、犬歯は上2本下2本、前臼歯は上8本下8本(または上6本下8本)、後臼歯は上4本下6本(または上6本下4本)、合計40 - 44本。乳頭数は、胸部1対、腹部2対、鼠径部1対、合計8個。指趾数(の数)は、前肢が5本、後肢が4本[7]

北海道最大の捕食者であるクマに、なぜかエゾタヌキは捕食されず、クマの巣の近くに巣を作る例が確認されている。

擬死についてはホンドタヌキの項目を参照。

食性

食性は、一般に狩りはせず、地面に落ちている木の実昆虫動物死体無脊椎動物[1]などいろいろな物を食べる雑食性[6]

巣穴

昼間巣穴で過ごすが、巣穴は自分では掘らず、樹木の根元やの隙間を巣穴として利用する[8]。巣穴は休息や睡眠、出産、子育てをする場である。本亜種は活動領域に複数の巣穴を持っている[9]

ため糞

本亜種はため糞をする習性がある[1]。数頭で一緒にをする場所を持っており、そこに糞をためる。これをため糞という[10]。ため糞場は本亜種同士の情報交換の場と考えられている[11]

鳴き声

低音で「ミャー」「ミャーウオ」と鳴く場合がある[12]

生活

繁殖期からかけての時期で、春に3 - 8匹の子どもを出産する。20匹出産した例もあるという。生まれた子ダヌキは、の不足や天敵による捕食により死に至ることがあるため、全てが成獣まで育つわけではない。出産数が多いほど子ダヌキが成獣になれる確率が下がる傾向がある[6]。この時期の主食は冬眠から醒めたカエルである。ミミズの活動も活発になるのでミミズを採食する頻度も多いと推考される[9]は本亜種の採食対象となる動植物が増加し、昆虫カエルヘビザリガニ果実などを採食している。糞の内容物から推考すると、ネズミのような俊敏な動作をする小動物を捕食することは不得意なようである[13]。休息は巣穴の外に出て風通しが良くかつ身を隠せる場所で休息している[9]木の実などを沢山食べて皮下脂肪を体内に蓄え、冬籠りに備える[6]。この時期は昼間も活発に行動し、えさ場付近の休息地を利用する頻度が高くなる[9]。冬籠り直前の体重はそれまでの約1.5倍まで増加する[1]。また換毛して冬毛になり、冬毛はとてもふさふさしている。冬籠りをするが、冬眠するわけではない。巣穴の中でじっとして、秋に蓄えた皮下脂肪を消費しながらを待つ[6]。この時期の糞の内容物から推考すると樹木のなどを極少量食べているようである[9]


人間との関係

アイヌ語では「モユㇰ(moyuk)」と呼ばれるが、これは「モ(小さな)」「ユㇰ(獲物)」という意味であり、アイヌ料理でも定番の食材である。なお単に「ユㇰ」の場合はエゾシカを意味する。

クマに捕食されないという特徴はアイヌにも知られており、ユーカラでは「タヌキはクマのお世話役」として描かれる[14][15][16]。このため特に顔が黒い個体は料理中に起こした竃の煤で顔が黒くなったと見立て、「スケ(飯炊きをする)モユㇰ」と呼ばれる[17]

現在飼育している施設

国内で飼育している日本動物園水族館協会(JAZA)加盟施設は以下の2箇所。

旭川市旭山動物園

おびひろ動物園

日本動物園水族館協会(JAZA)非加盟施設で飼育されているのは以下の3箇所。

北きつね牧場

ノースサファリサッポロ

函館公園

脚注

  1. エゾタヌキ」『札幌市円山動物園』より。
  2. フクロウとタヌキ』(p79)より。
  3. 森林の周辺部分 --『広辞苑』より。
  4. フクロウとタヌキ』(p80)より。
  5. 『タヌキのひとり』 竹田津 実著 新潮社 2007年3月発行より
  6. エゾタヌキのファミリー(動画)」『飼育員の動物紹介 - 動画で見る札幌市円山動物園』(Vol.13)より。
  7. 野生動物調査痕跡学図鑑』(p367)より。
  8. エゾタヌキ」『旭山の動物たち』より。
  9. エゾタヌキの生活と森林』(p3)より。
  10. 「手がかり5 フン」『タヌキを調べよう』(p16)より。
  11. エゾタヌキの生活と森林』(p2)より。
  12. 野生動物調査痕跡学図鑑』(p370)より。
  13. エゾタヌキの生活と森林』(p4)より。
  14. アイヌ語を普及するには - 萱野志朗
  15. Hidaka no dōbutsuki. Kuwahara, Yasuaki, 1937-, 桑原, 康彰, 1937-. 南雲堂. (1993). ISBN 4-523-26196-2. OCLC 674824796. https://www.worldcat.org/oclc/674824796
  16. Kuwahara, Yasuaki.; 桑原康彰. (2004). Hokkaidō no dōbutsuki : Kansatsu.. Tōkyō: Shinsei Shuppan. ISBN 4-86128-029-X. OCLC 169931285. https://www.worldcat.org/oclc/169931285
  17. エゾタヌキ;むじな;たぬき - アイヌと自然デジタル図鑑

参考文献

ウェブサイト

出版物

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.