エスティファノス・アフォワキ・ハイレ

エスティファノス・アフォワキ・ハイレ[注 1](Estifanos Afeworki Haile、1947年 - )は、エチオピアパイロットエリトリア政治活動家政治家外交官駐日大使(2003年 - )。アスマラ出身。当時エリトリアを併合していたエチオピアのハイレ・セラシエ大学(現・アディスアベバ大学)およびエチオピア航空(EAL)のパイロット職業訓練校で修学[1]

1971年エリトリア人民解放戦線(EPLF)に加入してエチオピアによるエリトリア支配に対する抵抗運動に身を投じ、EPLF傘下で軍事地方行政で辣腕をふるう[1]1991年5月、エリトリアがエチオピアからの独立を宣言して、1993年5月には独立が国際連合により承認された[2]。独立後、アフォワキ・ハイレは議会の一員となり、財政工業民間航空通信交通を担当するポストを歴任する[1]

2003年7月11日、皇居信任状を捧呈し、駐日大使として正式に着任した[3]2021年3月9日現在、エリトリア大使としての日本駐箚歴は信任状捧呈日から起算して通算6452日となっており、現職の駐日アフリカ大使のうち最も駐箚期間が長い。

2016年上半期に召集された第190回国会のうち5月11日に開催された政府開発援助等に関する特別委員会第5号において、アフォワキ・ハイレ大使はソロモン・カランジャ・マイナ駐日ケニア大使と共に参考人として出席し、エリトリアおよびアフリカと日本の関係について、イタリアとエチオピアによる占領時代の対日関係史、並びに安全保障港湾開発教育提携、医療支援、漁業技術移転などの広汎な分野における見解を述べた[4]

2019年3月10日、平成時代では最後となる第29回東京都平和の日記念式典東京都庁第一本庁舎5階の大会議場で開催され、アフォワキ・ハイレ大使が在日外交団代表として来賓挨拶を行った[5]

平成から令和改元された後の2019年10月22日、皇居正殿松の間今上陛下即位礼正殿の儀が執り行われ[6]、アフォワキ・ハイレ大使がエリトリア代表として参列した[7]

脚注

注釈

  1. エスティファノス・アフォルキ・ハイレとカナ表記されることもある。

出典

外部リンク

公職
先代:
スチュアート・ハロルド・コンバーバッハ
駐日アフリカ外交団長
2014年 -
次代:
(現職)
先代:
(初代)
駐日エリトリア大使
2003年 -
次代:
(現職)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.