エギロプス属

エギロプス属(エギロプスぞく、AegilopsÆgilops)は、イネ科に分類される植物である[1]タルホコムギ属あるいはヤギムギ属とも呼ばれる[2]。およそ23の種と数多くの亜種が本属に分類されている。この属の様々な種は農業雑草に分類されている。冬を通じて生長し、フユコムギと似ている。様々な種類のコムギと交雑できるため、コムギ属 (Triticum) に分類されることもある。

エギロプス属
クサビコムギ Aegilops speltoides
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: イネ科 Poaceae
: エギロプス属 Aegilops L.
英名
goatgrasses

約27種。本文参照。

タルホコムギ (Aegilops tauschii Coss.; syn. Aegilops squarrosa auct. non L.) はDゲノムを持つパンコムギTriticum aestivum、ゲノムAABBDD)の祖先種としてコムギの遺伝学において重要である。

Aegilopsという単語は8文字全てがアルファベット順に並んでいる。学名Aegilopesは古代ギリシャ語で芒のある草の一種を意味するαἰγίλωψ (aigilops) 由来のラテン語aegilopsから来ている。

エギロプス属に分類される種の一部:

  • Aegilops bicornis
  • Aegilops biuncialis
  • Aegilops caudata
  • Aegilops columnaris
  • Aegilops comosa
  • Aegilops crassa - Persian goatgrass
  • Aegilops cylindrica - ヤギムギ、jointed goatgrass
  • Aegilops geniculata
  • Aegilops juvenalis
  • Aegilops kotschyi - ovate goatgrass
  • Aegilops longissima
  • Aegilops lorentii - Lorent's goatgrass
  • Aegilops mutica
  • Aegilops neglecta - three-awned goatgrass
  • Aegilops peregrina
  • Aegilops searsii - Sears' goatgrass
  • Aegilops sharonensis
  • Aegilops speltoides - クサビコムギ
  • Aegilops tauschii - タルホコムギ、Tausch's goatgrass
  • Aegilops triuncialis - barbed goatgrass
  • Aegilops umbellulata
  • Aegilops uniaristata
  • Aegilops vavilovii
  • Aegilops ventricosa

脚注

  1. Watson L, Dallwitz MJ. (2008年). The grass genera of the world: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval; including synonyms, morphology, anatomy, physiology, phytochemistry, cytology, classification, pathogens, world and local distribution, and references”. The Grass Genera of the World. 2009年8月19日閲覧。
  2. イネ科の属対比”. 日本の野生植物検索表サイト (2010年1月26日). 2012年4月26日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.