ウラル連邦管区

ウラル連邦管区(ウラルれんぽうかんく、ロシア語: Уральский федеральный округ, Ural'skij f'ed'eral'nyj okrug)は、ロシア連邦の地域管轄区分である連邦管区のひとつ。

ウラル連邦管区
Уральский федеральный округ
行政府所在地エカテリンブルク
設立2000年5月18日
面積1,788,900km2
人口12,308,103人
大統領全権代表ウラジーミル・ヤクーシェフ
ホームページwww.uralfo.ru

ロシアのアジア部分の西部を管轄し、本部はスヴェルドロフスク州のエカテリンブルクに置かれる。2016年の人口は1230万8103人で、ロシア全体の8.5%である。

隣接連邦管区

人口

行政区画

ウラル連邦管区の連邦構成主体図

ウラル連邦管区に所属する連邦構成主体は、

  1. クルガン州
  2. スヴェルドロフスク州
  3. チュメニ州
  4. ハンティ・マンシ自治管区・ユグラ
  5. ヤマロ・ネネツ自治管区
  6. チェリャビンスク州

の6主体である。

ハンティ・マンシ自治管区とヤマロ・ネネツ自治管区はチュメニ州に所属するが、州とは別に連邦構成主体のひとつとしてロシア連邦を構成する。

歴代大統領全権代表

エカテリンブルクにあるウラル連邦管区大統領全権代表部ビル

地理

南にカザフスタン共和国と国境を接する。

住民

ハンティ・マンシ自治管区ヤマロ・ネネツ自治管区を含め、大部分はロシア人である。

ハンティ人およびマンシ人ウゴル系ネネツ人サモエード系である。

脚注

  1. City Population”. 2016年10月18日閲覧。

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.