ウニマク島

ウニマク島(ウニマクとう、:Unimak Island アレウト語:Unimax[1])とは、アリューシャン列島フォックス諸島を構成する一つ島であり、最初の位置にあり最大の島。

ウニマク島
現地名:
Unimax[1]
Unimak Island from space, September 1992 (viewed from Shuttle Endeavour on STS-47)
地理
場所太平洋
座標 北緯54度46分06秒 西経164度11分12秒
諸島 アリューシャン列島
面積 1,571.41 sq mi (4,069.9 km2)
長さ 95 km (59 mi)
116 km (72.1 mi)
最高標高 9,373 ft (2,856.9 m)
最高峰 Mount Shishaldin
行政
State  アラスカ州
Borough Aleutians East
人口統計
人口 64(2000年時点)
人口密度 0.02 /km2 (0.05 /sq mi)

地理

4069.9km2アメリカで9番目に大きい島であり、世界で134番目に大きい島である。 多くのスコリア丘が存在する。

動物

ウニマク島はアラスカヒグマトナカイなどの陸生哺乳類アカギツネが多く棲息している。

歴史

1903年スコッチキャップ灯台が建設され、アメリカ沿岸警備隊が入った。 1946年4月1日アリューシャン地震 (1946年)(地震は震源の深さ50km、モーメントマグニチュード(Mw)8.1(表面波マグニチュード(Ms)は7.8))の際に、灯台が津波に襲われた。灯台の高さは30mあったにも関わらず5人の沿岸警備隊が海に落下し死亡した。[2] [3]

1970年4月には、島の北側約100km沖合のベーリング海で、日本の底引網漁船2隻がそれぞれシケのため沈没。乗組員全員(それぞれ17人、18人)が死亡している[4]

交通

  • アクタン水上飛行機基地
  • ケープサリチェフ空港

脚注

  1. Bergsland, K. (1994). Aleut Dictionary. Fairbanks: Alaska Native Language Center
  2. http://www.titanic-nautical.com/Lighthouses-AK-Scotch-Cap.html
  3. DrGeorgePC website with photos
  4. 「また漁船が沈没 アリューシャン沖 大シケで18人絶望」『朝日新聞』昭和45年(1970年)4月24日朝刊、12版、15面
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.