ウォーター・リーパー

ウォーター・リーパー (Water Leaper) は、ウェールズ地方に伝わる妖精の一種。サムヒギン・ア・ドゥル (The Llamhigyn Y Dwr) とも呼称される。名称はいずれも「水を跳ね飛ばす」という意味。

大きさはくらいで、身体はだが手足はなく、替わりにの尾と飛び魚のような翼を持つ[1]。 体の色はアルビノを思わせるような白。 危機を感じると「キーキー」と異常に甲高い声で鳴き、聞いた者を気絶させたりするとされる[2]

沼沢地の水中に棲んでおり、肉食性である。 魚よりも地上の動物が好物で、鼠や猫などを一飲みにする。 油断していると釣り人や漁師も食べられてしまうという。

脚注

  1. 『幻想動物事典』1997年、41頁
  2. 『幻想動物事典』1997年、41頁

参考文献

  • 草野巧『幻想動物事典』新紀元社、1997年 ISBN 4-88317-283-X
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.