ウイリアム・オスラー

ウイリアム・オスラーWilliam Osler, 1849年7月12日 - 1919年12月29日)は、カナダオンタリオ州生まれの医学者、内科医。イギリス、オクスフォードにて70歳で死去。

ジョンズ・ホプキンス病院の「ビッグ・フォー」と呼ばれた医師たち、 ウェルチ、 ハルステッド 、オスラー、ケリー(by John Singer Sargent)
ウイリアム・オスラー

オスラーは初め、トロント大学で聖職者を目指したが、のちに自然科学に対して強い関心を抱くようになり、医学へ転向した。トロント大学医学部に入学後マギル大学医学部に転学し、卒業後、英国・ドイツ・オーストリアなどへの留学中にきわめて広範な研究を行い、後の経歴の基礎を築いた。マギル大学ペンシルベニア大学ジョンズ・ホプキンス大学オックスフォード大学の教授を務め、カナダ、米国、英国の医学の発展に多大な貢献をした。また、医学教育にも熱意を傾け、今日の医学教育の基礎を築いた。1898年王立協会フェロー選出。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.