ウィーン会議

ウィーン会議(ウィーンかいぎ、ドイツ語: Wiener Kongressフランス語: Congrès de Vienne英語: Congress of Vienna)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。

ウィーン会議の様子 ジャン=バティスト・イザベイ
ヨーロッパで国境を再描画(1815年)。ウィーン会議の後
ウィーン会議の条約(1815年)

オーストリアの外相クレメンス・フォン・メッテルニヒが議長を務め、ヨーロッパ諸国の代表が集った。会場はシェーンブルン宮殿

概要

ウィーン会議は、フランス革命ナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的として、オスマン帝国を除く全ヨーロッパ各国代表が集まり、1814年9月1日から開催された。

会議を主導したのは議長国オーストリアのほか、イギリス、プロイセン、ロシアである。中でも議長メッテルニヒとイギリス代表カースルレイが中心的な役割を果たした。この会議には、ナポレオン戦争に敗れたフランスも招待されており、その代表タレーランも会議において活躍した[1]

1792年より以前の状態に戻す正統主義を原則としたが、各国の利害が衝突して数ヶ月を経ても遅々として進捗せず、「会議は踊る、されど進まず」と評された[2][3]。しかし、1815年3月にナポレオンエルバ島を脱出したとの報が入ると、危機感を抱いた各国の間で妥協が成立し、1815年6月9日ウィーン議定書が締結された。このウィーン議定書により出現したヨーロッパにおける国際秩序は「ウィーン体制」とよばれる。

基本原則

大国による「勢力均衡」と「正統主義」がウィーン会議の基本原則であった。正統主義とは、フランス革命ナポレオン戦争によって混乱したヨーロッパにおいて、それ以前の「正統な」統治者を復位させ、旧体制を復活させることを目指した理念である。この理念は、フランス代表タレーランによって主張され、国内に多くの民族を抱えるオーストリア帝国の外相メッテルニヒが支持した[1]

しかし、ウィーン会議ではフランス革命以前の体制の完全な復活ではなく、大国による「勢力均衡」を踏まえた形での正統主義の実現が目指された。例えば、革命によって神聖ローマ帝国が解体しナポレオンが整理・統合したドイツ諸国は、オーストリアとプロイセンの二大国を中心としたドイツ連邦として再出発することとなった。

これによって勢力均衡を維持し回復するパワーを有した大国同士が相互に均衡を維持し合う国際秩序(ウィーン体制)が構築され、ヨーロッパにはおよそ30年間の平和がもたらされた。

主な各国代表

議定内容

下記にウィーン議定書の内容を示す。なお太字神聖同盟の原加盟国、下線四国同盟の原加盟国を示す。

参加国 議定内容
オーストリア帝国神聖同盟の原加盟国、四国同盟の原加盟国)
ロシア帝国(神聖同盟の原加盟国、四国同盟の原加盟国)
プロイセン王国(神聖同盟の原加盟国、四国同盟の原加盟国)
イギリス連合王国(四国同盟の原加盟国)
フランス王国
オランダネーデルラント
スウェーデン王国
サルデーニャ王国
ナポリ王国
スペイン王国
スイス連邦

補注

  1. 小川浩之板橋拓己青野利彦『国際政治史-主権国家体系のあゆみ』有斐閣、2018年4月10日。
  2. リーニュ侯爵シャルル・ジョゼフの言葉「会議は舞踏会ばかりで、先には進まない」(Le congrès danse beaucoup, mais il ne marche pas)。舞踏では一般にステップを踏みながら円を描くように動くので、その決してA点からB点に位置を移動するようには動かない「堂々巡り」の状態を、実際に外交交渉よりも連夜の舞踏会の方が目立った会議にかけている。
  3. 産経抄 会議は踊る 8月4日”. 産経新聞 (2015年8月4日). 2018年1月21日閲覧。

関連図書

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Vienna, Congress of" . Encyclopædia Britannica (英語). 28 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 53–55.

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.