ウィルソン・ベントレー

ウィルソン・アルウィン・ベントレー(Wilson Alwyn Bentley、1865年2月9日 - 1931年12月23日)はアメリカ合衆国アマチュア研究家雪の結晶写真家として知られる。

ウィルソン・アルウィン・ベントレー
ベントレーによって撮られた写真。

バーモント州ジェリコー(Jericho)に農夫の子として生まれた。学校教育としてはジェリコーの公民学校を出ただけであった。15歳のときに、母が顕微鏡を通して見せた雪の結晶に魅了され、以後生涯にわたって農業のかたわら雪の結晶の写真を撮り続けた。雪の研究のために彼が撮影した写真は全部で5381枚にのぼる。うち2453枚の写真を収録した『Snow Crystals(雪の結晶)』と題する写真集が、当時のアメリカ気象学会の会長であったウィリアム・ジャクソン・ハンフリースw:William Jackson Humphreys)の尽力により、1931年の秋、ベントレーが亡くなる直前にマック・グロービル社から出版された。生涯独身であった。

その生涯を絵本化した『雪の写真家ベントレー』は1999年度のコールデコット賞を受賞している。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.