ウィリアム・フォックス (政治学者)

ウィリアム・フォックス(William Thornton Rickert Fox, 1912年1月12日 - 1988年10月24日)は、アメリカ合衆国の国際政治学者。専門は、アメリカ外交政策論。

シカゴ生まれ。1932年、ハバフォード大学卒業。シカゴ大学で修士号と博士号を取得。テンプル大学(1936-1941)、プリンストン大学(1941-1943)、エール大学(1943-1950)、コロンビア大学(1950-1980)で教鞭を執った。コロンビア大学戦争平和研究所の初代所長を務めた。

教え子にケネス・ウォルツグレン・スナイダーらがいる。

1944年に出版した著書で、超大国(super power)の概念を提起したことで知られる。

著書

単著

  • The Super-powers: the United States, Britain, and the Soviet Union--their Responsibility for Peace, (Harcourt, Brace, 1944).
  • The American Study of International Relations: Essays, (University of South Carolina Press, 1968).
  • A Continent Apart: the United States and Canada in World Politics, (University of Toronto Press, 1985).

共著

  • NATO and the Range of American Choice, with Annette B. Fox, (Columbia University Press, 1967).

編著

  • Theoretical Aspects of International Relations, (University of Notre Dame Press, 1959).

共編著

  • European Security and the Atlantic System, co-edited with Warner R. Schilling, (Columbia University Press, 1973).
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.