ウィリアム・スターリング・サリヴァント

ウィリアム・スターリング・サリヴァント(William Starling Sullivant、1803年1月15日 - 1873年4月30日)はアメリカ合衆国コケ類学者である。

Sullivant in 1864.

略歴

オハイオ州のフランクリントン(現在はコロンバス)に名家に生まれた。オハイオ大学イェール大学で学び、1823年に学位を得た。コケ類の専門家となり18000の標本を集め、280のコケ類の新種を記載した。1845年にアメリカ芸術科学アカデミーの会員に選ばれた。没後の1898年に、Sullivant Moss Chapterとして設立された研究会はSullivant Moss Societyと改名された後、1908年にアメリカ蘚苔類地衣類学会(American Bryological and Lichenological Society)となった。

ユキノシタ科の植物の属名、Sullivantiaに献名された。

3度結婚し、妻の1人には植物画家のウィーラー(Eliza Griscom Wheeler)がいる。息子のトーマス・スターリング・サリヴァントは「ライフ」誌などに挿絵を描いた有名な漫画家であり、ひ孫のターシャ・テューダーは絵本画家・挿絵画家・園芸家として知られる。

著作

  • A Catalogue of Plants, Native and Naturalized, in the Vicinity of Columbus, Ohio, 1840
  • Musci Alleghanienses,1845-1846
  • Musci Manuel of Botany of the Northern United States,1848 、1856、 Eliza Griscom Wheelerが図版製作
  • Icones Muscorum, 1864,
  • Supplemental, 1874

参考文献

  • Keir B. Sterling, Richard P. Harmond, George A. Cevasco & Lorne F. Hammond (dir.) (1997). Biographical dictionary of American and Canadian naturalists and environmentalists. Greenwood Press (Westport) : xix + 937 p. (ISBN 0-313-23047-1)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.