インゲルハイム・アム・ライン

インゲルハイム・アム・ライン (: Ingelheim am Rhein) はドイツ連邦共和国ラインラント=プファルツ州マインツ=ビンゲン郡にある市でライン川の西側にある。この市は赤ワインの町 (: Rotweinstadt) と呼ばれており、1996年から同郡の郡庁所在地でもある。

紋章 地図
(郡の位置)
基礎情報
連邦州:ラインラント=プファルツ州
郡:マインツ=ビンゲン郡
緯度経度:北緯49度58分
東経08度03分
面積:49.86 km²
人口:

35,193人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度:706 人/km²
平均の標高:海抜 110 m
郵便番号:55218
市外局番:06132
06130 (グロースヴィンターンハイム地区)
06725 (シュポルケンハイム地区)
ナンバープレート:MZ, BIN
自治体コード:07 3 39 030
市の構成:6 小街区
市庁舎の住所:euer Markt 1
55218 Ingelheim am Rhein
公式ウェブサイト:www.ingelheim.de
行政
市長:Ralf Claus
郡内の位置

8世紀の後半から11世紀まで、初期の神聖ローマ皇帝の滞在する宮殿(居住地)があった。

姉妹都市

参考文献

  1. Statistisches Landesamt Rheinland-Pfalz – Bevölkerungsstand 2019, Gemeindeebene

外部リンク

公式サイト

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.