イナリ・サーミ語

イナリ・サーミ語(イナリ・サーミご、イナリ・サーミ語: anarâškielâ、: Inari Sami language)はサーミ語の一つである。話者はフィンランドイナリ基礎自治体に居住するイナリ・サーミ人の人々で、大多数は中年またはそれ以上の高齢者である。その話者数は約300人である。

イナリ・サーミ語
anarâškielâ
話される国  フィンランド
民族 イナリ・サーミ人
話者数 300人(2001年)[1]
言語系統
ウラル語族
表記体系 ラテン文字
少数言語としての承認  フィンランド[2]
言語コード
ISO 639-2 smn
ISO 639-3 smn
上図の7の地域で話される
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)

言語名別称

  • Saami, Inari
  • Anar
  • Finnish Lapp
  • Inari Lappish
  • Lapp
  • Saam
  • Saame
  • Sámi
  • Samic

脚注

  1. Anaras: The Inari Sàmis
  2. To which languages does the Charter apply?”. European Charter for Regional or Minority Languages. Council of Europe. p. 3. 2014年4月3日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.