イタボガキ

イタボガキ(板甫牡蠣、学名: Ostrea denselamellosa)は、カキ目イタボガキ亜目カキ上科イタボガキ科二枚貝である[1][2]学名1869年カール・エミル・リシュケによって命名された。別名としてボタンガキなどがある。

イタボガキ
保全状況評価
絶滅危惧I類環境省レッドリスト
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: カキ目 Ostreoida
亜目 : イタボガキ亜目 Ostreina
上科 : カキ上科 Ostreoidea
: イタボガキ科 Ostreidae
: イタボガキ属 Ostrea
: イタボガキ O. denselamellosa
学名
Ostrea denselamellosa
Lischke, 1869
和名
イタボガキ

分布

国内については太平洋側が房総半島以南、日本海側が北海道南部以南、[3]国外については南シナ海ベトナムマレーシア大陸中国台湾韓国で、潮下帯から水深30m前後の浅海に多く棲息し、場合によっては低潮線下数mの所にもみられる。[4]

利用

かつては普通種として採取され食用として流通していたが近年漁獲量が激減し、人口採苗による個体数回復の試みがなされている。また貝殻は日本画の絵具や漢方薬飼料として利用される。

脚注

  1. Ostrea denselamellosa Lischke, 1869 (英語). WoRMS. 2017年3月18日閲覧。
  2. 板甫牡蠣(イタボガキ)とは”. コトバンク. 2017年3月18日閲覧。
  3. 絶滅が危惧されるイタボガキ”. 東京大学総合研究博物館ニュース. 2017年9月25日閲覧。
  4. 国際貝庫:密鱗牡蛎”. 台湾貝類資料庫. 2009年8月11日閲覧。

外部リンク

イタボガキの外部識別子
Encyclopedia of Life 4737940
NCBI 74434
WoRMS 397162
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.