イサイ・シューア

イサイ・シューアIssaj Schur, Issai Schur, ヘブライ語: יִשַׁי שׁוּר Yiššáy Šūr, ロシア語: Иса́й "Шая" Мо́вшевич Шур, 1875年1月10日  1941年1月10日)は、ドイツイスラエルの地で活動したユダヤ系の数学者。ヘブライ語での発音はイッシャイ・シュール

Issai Schur

ポーランドベラルーシ)のモギリョフ県モギリョフマヒリョウ)でユダヤ系ドイツ人の子として生まれる。ベルリンで学び、1901年博士号を取得。1903年講師となり、ボン滞在を経て、1919年教授となる。

現在ベラルーシ領となっているロシア帝国の一部で生まれ、ラトヴィアでも育ったが、自分自身をユダヤ人というよりはむしろドイツ人と考えていた。このため、1934年に英米の大学に招かれた時もドイツからの出国を拒んだ。

にもかかわらず、1935年、彼はユダヤ人として教職を追われ、1938年には親ナチ数学者ビーベルバッハの煽動によってプロイセン学士院から追放された。このため1939年パレスチナへ移住し、貧困と屈辱を忍びつつ晩年を送った。彼は66歳の誕生日にテルアヴィヴで死んだ。

フロベニウスに師事し、(最も関係深い対象として)群の表現について取り組んだが組合せ論数論にも、あるいは理論物理学にまでも手掛けた。今日おそらくシューアの業績として最もよく知られたものは、シューア分解の存在に関することと、群表現論に関するシューアの補題であろう。

リヒャルト・バウアーベルンハルト・ノイマンハインツ・プリューファーリヒャルト・ラードなどの弟子がいる。シューアの講義は学生たちに非常に人気であった[1]。1929年、ソヴィエト連邦科学アカデミーの外国人客員として選出された[2]

出版に際してシューアは、"I. Schur" と "J. Schur" の両方を著者名に用いており(後者は特に Journal für die reine und angewandte Mathematik で用いている)、これはしばしば混乱を招く[3]

関連項目

  • イサイ・シューアに因む名称のもの一覧
  • シューア代数
  • シューア補行列
  • シューア指数
  • シューア不変量
  • シューア乗数
  • シューアの直交関係式
  • シューア多項式
  • シューア積
  • シューアテスト
  • シューアの不等式
  • シューアの定理
  • シューア凸函数
  • シューア・ワイル双対性
  • レーマー・シューアのアルゴリズム
  • シューアの性質 (ノルム空間に対する)
  • ジョルダン・シューアの定理
  • シューアの下界

注釈

  1. Biography of Walter Ledermann
  2. Schur I. - General info at www.ras.ru
  3. Ledermann, W. (1983). “Issai Schur and his school in Berlin”. Bull. London Math. Soc. 15 (2): 97106. doi:10.1112/blms/15.2.97.

著作

  • Schur, Issai (1968), Grunsky, Helmut, ed., Vorlesungen über Invariantentheorie, Die Grundlehren der mathematischen Wissenschaften, 143, Berlin, New York: Springer-Verlag, MR0229674, http://books.google.com/books?id=mv7uAAAAMAAJ
  • Schur, Issai (1973), Brauer, Alfred; Rohrbach, Hans, eds., Gesammelte Abhandlungen, Berlin, New York: Springer-Verlag, ISBN 978-3-540-05630-0, MR0462891

参考文献

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.