イギリスの行政機関

イギリスの行政機関(イギリスのぎょうせいきかん)では、イギリス行政を担当する行政機関について述べる。

この記事は
イギリスの政治と政府
に関する記事群の一部である。
イギリスポータル
  • 政治学ポータル

イギリス政府は、複数の (Ministry) 行政を分担し、各省の職員は、閣内大臣および閣外大臣 (Minister) [脚注 1]を通じて政治的な説明責任を負う。

大臣省(Ministerial departments)と呼ばれる各省の長たる大臣は、内閣を構成する閣僚たる閣内大臣であり、数名の下級大臣(閣外大臣)から成るチームによる支援を受ける。また、閣内大臣の殆どは、国務大臣 (Secretary of State) として知られる。いずれの大臣も、直接に政治的な監督を必要とする問題に対処する。各省の事務は、事務次官 (Permanent secretary) として知られる上級公務員によって管理される。

長が大臣でない、非内閣構成省庁[1] (Non-ministerial government department) は、法執行取締査察・立入検査その他の一般的に直接の政治的な監督が不要ないし不適切と判断される問題に対処し、政府の施策を執行する[2]。また、その長には、事務次官 (Permanent secretary) や第二事務次官 (Second permanent secretary) その他の上級公務員が就き、議会に対して説明責任を負う大臣を通じて大臣省と関連付けられつつ、その時々の政府の政治的な構成によらず、政治的な干渉から保護されながら、全般的に様々な段階で政治的な公平性・中立性の保持を要求される。

その他の大臣省に付随する行政組織としては、エグゼクティブ・エージェンシー (Executive agency) 政府外公共機関[1] (Non-departmental public body) や、準独立公共機関[1] (Quango) [脚注 2]があり、いずれも省と一定の距離を置きながら自立して行政を運営し、特定の単一ないし複数の省からの監督および資金の提供を受けながら戦略的な政策を推進する。

イギリスの行政機関一覧

以下は、2017年7月末現在(第2次メイ内閣)のイギリスの行政機関をアルファベット順に並べた一覧である[3]。(太字は、閣内大臣を長とする)。

機関名英称長の名称
内閣Cabinet首相
  法務長官府Attorney General's Office法務長官
内閣府Cabinet Office内閣府担当大臣
ビジネス・エネルギー・産業戦略省Department for Business, Energy and Industrial Strategyビジネス・エネルギー・産業戦略大臣
住宅・コミュニティ・地方自治省Ministry of Housing, Communities and Local Government住宅・コミュニティ・地方自治大臣
デジタル・文化・メディア・スポーツ省Department for Digital, Culture, Media and Sportデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣
教育省Department for Education教育大臣
環境・食糧・農村地域省Department for Environment, Food and Rural Affairs環境・食料・農村地域大臣
国際開発省Department for International Development国際開発大臣
国際貿易省Department for International Trade国際貿易大臣
運輸省Department for Transport運輸大臣
労働・年金省Department for Work and Pensions労働・年金大臣
保健省Department of Health保健大臣
外務・英連邦省Foreign and Commonwealth Office外務・英連邦大臣
大蔵省Her Majesty's Treasury財務大臣
内務省Home Office内務大臣
国防省Ministry of Defence国防大臣
司法省Ministry of Justice司法大臣大法官
北アイルランド省Northern Ireland Office北アイルランド大臣
スコットランド法務官府Office of the Advocate General for Scotlandスコットランド法務官
庶民院院内総務室Office of the Leader of the House of Commons庶民院院内総務
貴族院院内総務室Office of the Leader of the House of Lords貴族院院内総務
スコットランド省Scotland Officeスコットランド大臣
英国輸出信用保証庁UK Export Finance輸出信用保証長官
ウェールズ省Wales Officeウェールズ大臣
イングランド及びウェールズ慈善事業委員会Charity Commission for England and Wales
競争・市場庁Competition and Markets Authority
検察庁Crown Prosecution Service
食品基準庁Food Standards Agency
森林委員会Forestry Commission
政府アクチュアリー庁Government Actuary's Department
政府法務局Government Legal Department
土地登記所Her Majesty's Land Registry
歳入関税庁Her Majesty's Revenue and Customs
国立公文書館The National Archives
国家犯罪対策庁National Crime Agency
国民貯蓄投資機構National Savings and Investments
教育水準局Office for Standards in Education, Children's Services and Skills
ガス・電力市場規制局Office of Gas and Electricity Markets
資格・試験監査機関Office of Qualifications and Examinations Regulation
鉄道道路局Office of Rail and Road
陸地測量局Ordnance Survey
連合王国最高裁判所Supreme Court of the United Kingdom
英国統計機構UK Statistics Authority
貿易投資総省UK Trade & Investment
水道事業規制局Water Services Regulation Authority

廃止・統合された省

関連項目

注釈

脚注

  1. 閣内大臣・閣外大臣の違いについては、内閣 (イギリス)#閣内大臣と閣外大臣を参照。
  2. quasi-autonomous non-governmental organisation

出典

  1. 英国・公的機関改革の最近の動向”. 内閣官房. 2020年7月2日閲覧。
  2. How government works”. gov.uk. British Government. 2016年1月12日閲覧。
  3. Departments, agencies and public bodies”. gov.uk. 2017年8月23日閲覧。
  4. メイ新内閣が発足、一部省庁を再編”. 日本貿易振興機構 (2016年7月19日). 2016年8月3日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.