ア・ラマ

ア・ラマ (A Lama) は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は2,918人(2011年:2,976人、2010年:2,966人、2009年:3,001人、2004年:2,905人、2003年:2,957人)[1]。住民呼称は、男女同形のlamense。カスティーリャ語表記は、定冠詞をカスティーリャ語に変えたLa Lama。

A Lama


ローマ橋
 ガリシア州
 ポンテベドラ県
コマルカ ポンテベドラ
司法管轄区 ポンテベドラ
面積 111.8 km²
教区数 10
居住地区数 117
標高 478m
人口 2,918 人 (2012年[1]
人口密度 26.1 人/km²
住民呼称 lamense
自治体首長
(2011年)
ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG
A Lama
スペイン内ア・ラマの位置
A Lama
ポンテベドラ県内ア・ラマの位置

北緯42度23分28秒 西経8度26分38秒

ガリシア州内の位置

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は92.88%(2001年)。

地理

ア・ラマはポンテベドラ県の中部に位置し、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。隣接する自治体は、北がコトバーデフォルカレイ、東がベアリスアビオン(ともにオウレンセ県)、南がフォルネーロス・デ・モンテス、西がポンテ・カルデーラスである。自治体中心地区はア・ラマ教区のア・ラマ地区[2]

ア・ラマはポンテベドラ司法管轄区に属す[3]

人口

住民は10の教区の117の地区(集落)に居住する[1]

ア・ラマの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

歴史

自治体内にはポルテーラ・ダ・クルス、オ・セイショ、オ・スイード、アンタスなどに古墳など巨石文化時代の遺跡が残されている。

また、青銅器時代のものとみられる剣や、カストロ・デ・ガシャーテではいくつもの青銅製の斧も発見されている。チャン・ド・カンポ、オウテイロ・セイシーニョ、バル・ド・ガト、ラシャ・ダス・プサスなどでは、ペトログリフも発見されている。カストロについては3ヵ所発見されている。

中世には、北部地域は15世紀以降アルメンテイラ修道院(Mosteiro de Santa María de Armenteira)の支配をうけ、残りの地域はソウトマイヨールの領主の所領であった。

17世紀から18世紀にかけて、アメリカ植民地からもたらされた、トウモロコシ、そしてジャガイモによって、人口が増加、牧畜業も増大した。この農業の変革は夏期の小麦の収穫期においてカスティーリャ地方への季節労働移民を引き起こすこととなった。そして、多くの道が整備され、教会、館、橋がたてられた。この時代にリバダビア、ポンテベドラ、リニャーレスと続く旧街道に、パラーダ川にかかる橋が作られた。

19世紀から20世紀の新大陸アメリカへの移民は、上流階級からその所有していた土地を買い、教育のための施設を整備することを可能にした。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のホルヘ・カンダ・マルティネス (Jorge Canda Martínez) 、自治体評議員はガリシア国民党:8、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):2、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[6]

1999年6月13日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PSdeG-PSOE 1,156 58.56% 7
PPdeG 731 37.03% 4
BNG 78 3.95% 0

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PSdeG-PSOE)

2003年5月25日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,210 70.43% 8
PSdeG-PSOE 314 18.28% 2
BNG 178 10.36% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,146 60.96% 7
PSdeG-PSOE 526 27.98% 3
BNG 202 10.74% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,032 59.76% 7
PSdeG-PSOE 439 25.42% 3
BNG 245 14.19% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

教区

ア・ラマは10の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アンタス(サンティアーゴ)
  • ア・バルシア・ド・セイショ(サンタ・アナ)
  • コベーロ(サン・セバスティアン)
  • エスクアドラ(サン・ロウレンソ)
  • ガシャーテ(サン・ペドロ)
  • ア・ラマ(サン・サルバドール)
  • セイシード(サン・バルトロメウ)
  • ベルドゥシード(サン・マルティーニョ)
  • シェンデ(サン・パウロ)
  • シェスタ(サン・バルトロメウ)

参考文献・脚注

  1. IGE(ガリシア統計局) (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年8月13日閲覧。
  2. Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.13、p.231-232、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5823-6
  3. Pontevedra, partido judicial nº4 de Pontevedra (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年5月29日閲覧。
  4. Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  6. Consulta de Resultados Electorales (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2013年8月13日閲覧。


外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.