アン・フィリッパ・ピアス

アン・フィリッパ・ピアスAnn Philippa Pearce, OBE1920年1月23日 - 2006年12月21日[1])は、イギリス児童文学作家。

生涯

ケンブリッジシャーグレイト・シェルフォードという村の代々続いたキングス製粉工場で育った。ケンブリッジのパース女学校に学んだ後、ケンブリッジ大学ガートンカレッジを卒業。その後ロンドンに移り、13年間、BBCのラジオの学校教育番組の番組制作の仕事に携わっていた。

1955年に最初の著書『ハヤ号セイ川をいく』(Minnow on the Say)を刊行する。その後の彼女の作品と同様、彼女が育ってきた地方、特にリトル・シェルフォードとリトル・バーレイの村々から着想を得たもので、ケンブリッジは「キャッスルフォード」という大学町になり(ウェスト・ヨークシャー同名の町があるが、それとは無関係)、カム川はセイ川になっている。

ピアスの最も有名な作品『トムは真夜中の庭で』(Tom's Midnight Garden)は、時をテーマにした小説の古典といわれるようになり、映画化され、また何度もTV化されている。「真夜中の庭」は、実際に彼女が育った製粉工場の庭をモデルにしたものである。彼女はこの作品で、カーネギー賞を受賞している。

その他の作品としては、『まぼろしの小さい犬』(A Dog So Small, 1962年)、『ペットねずみ大さわぎ』(The Battle of Bubble and Squeak, 1978年)、『サティン入江のなぞ』(The Way to Sattin Shore, 1983年)などがある。『ペットねずみ大さわぎ』は、TVのチャンネル4の教育番組 "Talk, Write and Read" で全2回の番組として放送された。

フィリッパ・ピアスの夫マーティン・クリスティは、最初の子どもが誕生して間もなく亡くなった。当時、彼女は既に40代に差しかかっていた。1973年以降、彼女はグレイト・シェルフォードの彼女が育った土地に住んでいた。

フィリッパ・ピアスは決して多作な作家ではなかったが、晩年まで約50年間の執筆活動を続け、会議に参加し、アンソロジーを編纂し、短編も書き続けた。2002年にはイギリスの首相の公邸ダウニング街10番地での児童文学作家のレセプションにも出席した。2004年、20年がかりの初めての長編小説『川べのちいさなモグラ紳士』(The Little Gentleman)を出版している。

2006年12月21日、ニューカッスルにある児童書センター「Seven Stories」の展示室にて脳卒中で倒れ、86歳で死去した。葬儀は無宗教で行われた。(2006年2月27日 朝日新聞

影響

アニメ映画監督の宮崎駿は、1990年の雑誌『図書』誌上の対談の中で、自分が影響を受けた外国の児童文学作家として、フィリップ・ターナーエリナー・ファージョンらとともに、フィリッパ・ピアスの名前を挙げている。

主要作品

  • Minnow on the Say、1955年(『ミノー号の冒険』文研出版、前田三恵子訳、1970年、『ハヤ号セイ川をいく』講談社足立良子訳、1974)
  • Tom's Midnight Garden、1958年(『トムは真夜中の庭で』岩波書店高杉一郎訳、1967年)
  • Mrs. Cockle's Cat、1961年(『おばあさん空をとぶ』文研出版、前田三恵子訳、1972年)
  • A Dog So Small、1962年(『まぼろしの小さい犬』岩波書店猪熊葉子訳、1989年)
  • The Children of Charlecote、1968年
  • The Squirrel Wife、1971年(『りす女房』冨山房猪熊葉子訳、1982年)
  • What the Neighbours Did and Other Stories、1972年1959年、1967年、1969年)(『まよなかのパーティ』冨山房猪熊葉子訳、1985年)
  • The Shadow Cage and Other Tales of the Supernatural、1977年(『幽霊を見た10の話』、岩波書店高杉一郎訳、1984年)
  • The Battle of Bubble and Squeak、1978年(『ペットねずみ大さわぎ』岩波書店、1984年)
  • The Way to Sattin Shore、1983年(『サティン入江のなぞ』岩波書店、1986年)
  • Lion at School and Other Stories、1985年(『ライオンが学校へやってきた』岩波書店高杉一郎訳、1989年)
  • Who's Afraid? and Other Strange Stories、1986年(『こわがっているのはだれ?』岩波書店高杉一郎訳、1992年)
  • The Rope and Other Stories、2000年(1976年、1980年、1986年、1989年)(『8つの物語―思い出の子どもたち』 あすなろ書房片岡しのぶ訳、2002年)
  • The Little Gentleman、2004年(『川べのちいさなモグラ紳士』岩波書店、2005年)
  • A Finder's Magic、2008年(『消えた犬と野原の魔法』徳間書店さくまゆみこ訳、2014年)

脚注

  1. Philippa Pearce | British author (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年11月13日閲覧。

出典

  • 三宅興子編『フィリパ・ピアス』KTC中央出版、2004年

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.