アルバート湖

アルバート湖(アルバートこ、Lake Albert)またはモブツ・セセ・セコ湖(モブツ・セセ・セコこ、Lake Mobutu Sese Seko)はウガンダコンゴ民主共和国の間にあるアルベルト湖(Albertをローマ字読みしたもの)とも呼ばれる。大きさは約160km × 30km。深さは最大51m。世界第27位、アフリカで7番目の広さである。アルバートの名は、イギリスのヴィクトリア女王の夫、アルバート公に因み、モブツ・セセ・セコはコンゴ民主共和国の独立にあたり実権を掌握し、国名をザイールに変えた軍人・政治家の名前に因む。何れもイナゴ殺しの意味で東岸のニョロ人ムウィタンジゲニョロ語: Mwitanzige[1])、北岸のアルア人はウネク・ボニョアルル語: Unek Bonyo[1])と呼ぶ。

アルバート湖
(モブツ・セセ・セコ湖)
所在地 ウガンダ
 コンゴ民主共和国
位置 北緯1度41分0秒 東経30度55分0秒
面積 5,300 km2
最大水深 58 m
平均水深 25 m
貯水量 132 km3
水面の標高 615 m
湖沼型 アルカリ栄養湖
プロジェクト 地形
アルバート湖周辺の地図

アルバート湖はナイル川の上流部に位置する。グレート・リフト・バレーの一部である。流入の大部分はヴィクトリアナイルからであるが、エドワード湖からセムリキ川も流れ込んでいる[2]。湖の北からアルバートナイルが流れだしている。

1864年にサミュエル・ベイカーがヨーロッパ人で初めてこの湖を「発見」した。2006年に英国の石油関連企業(ヘリテージ・オイル社)がウガンダ側の湖岸で石油を発見、その後、大きな油田であることが確認された[3]。2011年に生産開始が期待される。湖の境界線で隣国のコンゴ民主共和国と係争中。

コンゴ側のイトゥリ州では、ヘマ族レンドゥ族による民族対立が繰り返されている。過去には大規模な衝突(イトゥリ紛争)では数万人規模の死者が生じているため、集落への襲撃のうわさが立つたびに多数の地域住民がアルバート湖へ船で乗り出し一時避難する姿が見られる[4]

脚註

  1. 田原範子「ウガンダ・アルバート湖畔の漁撈と生活 ─BMUの導入と石油発見の影響について─」『四天王寺大学紀要』第46号、2008年9月
  2. 水野一晴『気候変動で読む地球史 限界地帯の自然と植生から』NHK出版、2016年、140頁。ISBN 978-4-14-091240-9。
  3. ヘリテージ・オイル社の沿革(アフリカ成長企業・ジェトロホームページ)2013年6月11日閲覧
  4. 【AFP記者コラム】ある場所からの報道”. AFP (2017年7月17日). 2018年7月18日閲覧。

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.