アルゴンキン語派

アルゴンキン語派[1](アルゴンキンごは、またはアルゴンキアン語派[2]: Algonquian languages)は、アルギック語族[3]に属し、アメリカ・インディアンアルゴンキン族によって話される語派である。アメリカ合衆国北部およびカナダの、ロッキー山脈から東海岸に至るまでの広い範囲で話されていた。共通の祖語から発展したと考えられており、祖語は(場所はわからないが)少なくとも3千年前に話されていたとされる。

アルゴンキン語派
Algonquian, Algonkian
話される地域北アメリカ
言語系統アルギック語族
  • アルゴンキン語派
下位言語
  • 平原アルゴンキン語群
  • 中央アルゴンキン語群
  • 東部アルゴンキン語群
ISO 639-2 / 5alg
ヨーロッパ勢力の入植以前にアルゴンキン語族が話された地域

アルゴンキン語 (Algonquin language) というのはこの語派の中の1つの言語であり、語派のことではない。

分類

アルゴンキン諸語は、大きく大平原・中央・東部の3語群に分けられ、さらに27ほどの言語(それぞれ多くの方言を含む)に分けられているが、分類に関しては議論がある。

A. 中央・平原語群

I. 平原アルゴンキン語群(Plains)
1. ブラックフット語(Blackfoot) - ブラックフット族
2. アラパホ語族(Arapahoan)
3. シャイアン語(Cheyenne) - シャイアン族
II. 中央アルゴンキン語群(Central)
4. クリー語(Cree) - クリー族
5. メノミニー語(Menominee)
6. オジブワ語(オジブエ語)Ojibwa(オタワ語アルゴンキン語など) - オジブワ族オタワ族アルゴンキン族
7. ポタワトミ語(Potawatomi)
8. フォックス語(Fox)- メスクワキ族メスクワキ移民
9. ショーニー語(Shawnee)- ショーニー族
10. マイアミ・イリノイ語†(Miami-Illinois)- マイアミ族イリニ族
アルゴンキン語による看板表記(カナダ)

B. 東部アルゴンキン語群(Eastern)

11. ミクマク語Míkmaq)- ミクマク族
12. 西アベナキ語(Western Abenaki)
13. 東アベナキ語(Eastern Abenaki)
14. マリシート=パサマクォディ語(Malecite-Passamaquoddy)- マリシート族パサマクォディ族
15. マサチューセット語(Massachusett)- マサチューセッツ族ワンパノアグ族
16. ナラガンセット語†(Narragansett)- ナラガンセット族
17. モヘガン・ペクォート語†(Mohegan-Pequot)- モヘガン族ピクォート族
18. Quiripi-Naugatuck-Unquachog
19. マヒカン語†(Mahican/ モヒカン語、Mohican とも)- モヒカン族
20. デラウェア語群(Lenape/Delaware)- レナペ族
21. ナンチコーク語†(Nanticoke) - ナンチコーク族
22. カロライナ・アルゴンキン語†(パムリコ語、Pamlico とも)
23. ポウハタン語†(Powhatan)- ポウハタン族
24. en:Etchemin language†(Etchemin)
25. Loup A
26. Loup B
27. シンネコック語†(Shinnecock)- シンネコック族

特徴

ケベックにおける、10の方言を含む分布図

アルゴンキン諸語は典型的な複総合的言語である:つまり、他の多くの言語では単語数個からなるで表現される内容を、1つの動詞で表すことができる。また3人称は少なくとも2つに分けられ、これにより談話で話題となっている中心的人物(たち)が明示される。

エドワード・サピアレナード・ブルームフィールドによる研究が特に有名である。白人による同化政策である「インディアン寄宿学校」による英語教育の強制により、多くの言語が絶滅に瀕しており、すでに絶滅したものもある。

この地域の地名はアルゴンキン語族によるものが多い:例としては、マサチューセッツコネチカットイリノイミシガンウィスコンシンミルウォーキーシカゴオタワなどがある。

よく知られた単語

ほか

脚注

  1. 『世界の言語と国のハンドブック』 下宮忠雄(大学書林)
  2. 『講座言語 第6巻 世界の言語』 北村甫編、青木晴夫ら共著(大修館書店
  3. カリフォルニア州北西部の2つの言語、ウィヨット語(Wiyot)とユロック語(Yurok)をあわせてアルギック語族を成す。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.