アルキルグリセロールモノオキシゲナーゼ

アルキルグリセロールモノオキシゲナーゼ(alkylglycerol monooxygenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

1-アルキル-sn-グリセロール + テトラヒドロビオプテリン + O2 1-ヒドロキシアルキル-sn-グリセロール + ジヒドロビオプテリン + H2O
アルキルグリセロールモノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.16.5
CAS登録番号 37256-82-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO

この酵素の基質は1-アルキル-sn-グリセロール、テトラヒドロビオプテリンO2で、生成物は1-ヒドロキシアルキル-sn-グリセロール、ジヒドロビオプテリンH2Oである。補因子としてグルタチオンリン脂質を用いる。

組織名は1-alkyl-sn-glycerol,tetrahydrobiopterin:oxygen oxidoreductaseで、別名にglyceryl-ether monooxygenase、glyceryl-ether cleaving enzyme、glyceryl ether oxygenase、glyceryl etherase、O-alkylglycerol monooxygenaseがある。

参考文献

  • Ishibashi T, Imai Y (1983). “Solubilization and partial characterization of alkylglycerol monooxygenase from rat liver microsomes”. Eur. J. Biochem. 132 (1): 237. doi:10.1111/j.1432-1033.1983.tb07320.x. PMID 6840084.
  • Pfleger RC, Piantadosi C, Snyder F (1967). “The biocleavage of isomeric glyceryl ethers by soluble liver enzymes in a variety of species”. Biochim. Biophys. Acta. 144 (3): 63348. PMID 4383918.
  • Snyder F, Malone B, Piantadosi C (1973). “Tetrahydropteridine-dependent cleavage enzyme for O-alkyl lipids: substrate specificity”. Biochim. Biophys. Acta. 316 (2): 25965. PMID 4355017.
  • Soodsma JF, Piantadosi C, Snyder F (1972). “Partial characterization of the alkylglycerol cleavage enzyme system of rat liver”. J. Biol. Chem. 247 (12): 39239. PMID 4402391.
  • Tietz A, Lindberg M and Kennedy EP (1964). “A new pteridine-requiring enzyme system for the oxidation of glyceryl ethers”. J. Biol. Chem. 239: 40814090.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.