アルウェルニ族

アルウェルニ族Arverni)は、現在のフランスオーヴェルニュ一帯にかけて居住していたガリア人部族。オーヴェルニュ(Auvergne)の名はこの部族に由来する。

紀元前1世紀ごろのガリア

歴史

アルウェルニ族の中心都市はゲルゴウィア(現在のクレルモン=フェラン近郊)だった。紀元前3世紀から紀元前2世紀ごろにかけて、族長のルエルニオスのもとでアルウェルニ族は力を持つようになっていった。ルエルニオスの息子ビトゥイトスは紀元前123年ローマに敗れ、その支配下に置かれることになった。

紀元前52年ガリア戦争の最中にウェルキンゲトリクスが族長となり、ローマに対して反旗を翻した。ガリア総決起と呼ばれるほど激しい戦いになったが、ガイウス・ユリウス・カエサルによってアレシアの戦いで敗れた。

脚注

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.